生まれつきの難病だった弟が亡くなってから両親は抜け殻のようになってしまった

2014年08月02日 21:35

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395985297/
復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ
372 :名無しさん@おーぷん : 2014/08/02(土)13:41:16 ID:1w5XPL2h7
復讐になったかはわからないが。

私は8歳離れた弟がいたのだが、生まれつきの難病で、
ずっと病院で暮らしたまま、2歳になる前に死んでしまった。
私も悲しかったが、毎日見舞いをしてた両親は勿論もっとショックで、抜け殻のようになってしまった。

私は母親の弟の産後からせっせと家事を手伝っていたのだが(なにせ二人ともほとんど病院にいる)、
弟の死後も一層、抜け殻の両親を支えるため家事を担うようになった。

某国営テレビが、難病で死んだ弟と家族についてということで取材に来た。
それから両親はいくつか講演に呼ばれた。
その難病の支援者団体にも参加するようになった。
両親とは顔を合わせない日が続いた。


スポンサーリンク
近所には伯母(父の姉)が住んでたのだが、もう子供達が自立して家を出てる歳で、
「いつでも遊びにおいで」と言ってくれて、本当に毎日遊びに行っていた。

初めは、伯母の家で放課後を過ごし、買い物して家に帰って家事をやってた。
段々、家で家事を済ますと晩御飯を伯母の家で食べ、そのうち泊まるようになり、
一時間、一分と段々自分の家で過ごす時間は無くなり、
高校生の頃は、家の私の部屋は何の荷物も無くなった。
大学は地方の国立に行って、家庭教師のバイトしながら暮した。

お金は親の通帳を私が持ってたので(任されていた)、進学などの最低の費用だけ貰った。
親は私がどこの高校に行ったか、どこの大学に行ったか知らない。
伯母は私の親代わりをしてくれるけど、両親の悪口を言ったことはなく、両親にも
何も叱ったりはしていないようだった。
「子供を亡くす気持ちは私にはわからないから」とだけは言っていた。


30を過ぎて、何故か突然父親から手紙が来た。
私が結婚して子供が生まれたことを知っているようだった。
許してほしい、会いたい、というような内容だった。

「会っても何を話していいかわからないので、お互いのためによしましょう。
昔は貴方たちを恨んでいたが、子供を持った今となっては恨めなくなりました。
弟を奪った病気は、私も一緒に貴方たちから奪ったのだ、と思って、
今後も○○病の支援に打ち込んで下さい」
と返事したら、もう連絡は来なくなった。

弟が生まれるまでの両親との楽しい思い出もあり、胸が痛んだが、両親もあの病気が奪った
のだと思ってもう諦めている。

373 :名無しさん@おーぷん : 2014/08/02(土)14:08:28 ID:jr6lakbeP
何か切ないな…

374 :372 : 2014/08/02(土)14:25:21 ID:ESNbO6Sqe
レスありがとう。
親には申し訳ない気持ちもあるけど、やはりどういう顔して
今更親子ごっこをやればいいのかわからないので、もう会うことはないです。

インフルエンザで寝込んだ時、クリスマスや誕生日の夜、中学や高校の入学式、
一緒にいてくれたのは伯母だけでした。
家族を繋ぐのは血ではなく時間や思い出だと、どこかで読みました。
それなら、私と両親を繋ぐものはありません。

両親と書きましたが、母はいつの間にか他界してました。
ちょうど伯母にも告げずに海外にいた時期で、連絡できなかったらしいです。
死因は聞いてないし、実家には行きませんが、冥福は心で祈ってます。

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2014/08/02 21:42:21 ID: TDsbDFng

    これは仕方ないな...
    悲しい話だが娘さんを支持するわ

    親ごさんは残った娘になにも思わなかったのかな

  2. 名無しさん : 2014/08/02 21:45:07 ID: eQcORWL.

    日本に国営放送はないから国外の話だな

  3. 名無しさん : 2014/08/02 21:45:16 ID: LdJb4KXs

    親父、確実に老後が不安になっただけじゃん
    行くこたない

  4. 名無しさん : 2014/08/02 21:46:39 ID: WJqn4rF.

    優しい人だな
    でもその優しい人間に育ててくれたのは、親じゃなくて伯母なんだな…

  5. 名無しさん : 2014/08/02 21:48:06 ID: 6DqmfrNg

    ※1
    子供を1人失った悲しみが大きすぎて、その子の死を活かそうと
    必死になっちゃってたんだろね……

    ちょっと系統違うけど、アメリカのサリドマイド児の不幸を思い出した

  6. 名無しさん : 2014/08/02 22:18:00 ID: VBD7eLfI

    両親は無くなった弟に感情移入しすぎたんだな。
    筆者のことを完全に忘れてしまって、大切なものを失った。

  7. 名無しさん : 2014/08/02 22:21:19 ID: tFCsinbA

    ※2
    つ 犬HK

  8. 名無しさん : 2014/08/02 22:36:41 ID: /OFx9Gj6

    ハッピーバースデーを思い出した

  9. 名無しさん : 2014/08/02 22:40:23 ID: tU2IHzb6

    8歳離れた弟さんは2歳で亡くなった。

    報告者両親はわずか10歳の娘の世話を何一つせず、父方伯母に丸投げ。
    で、なぜか報告者30歳になってから、「孫に会わせてほしい」って老後が不安になったのか?

  10. 名無しさん : 2014/08/02 22:45:31 ID: F9St0lwo

    米7 日本放送協会は公共放送であって国営ではないのよ

    どうせ金の無心か介護要請だろう
    親としての務めを果たさずに親孝行を期待するほどの馬鹿だから

  11. 名無しさん : 2014/08/02 22:47:07 ID: va7IwDIM

    米7
    2はNHKは国営放送ではない、と言いたいんでしょ
    揚げ足取りだと思うけどね

  12. 名無しさん : 2014/08/02 22:52:43 ID: cEMJOvSI

    生きてる子のために生きてほしかった

  13. 名無しさん : 2014/08/02 23:00:30 ID: rchcvnUI

    ※9
    母親が亡くなって寂しくなったんじゃない?最低だよね

  14. 名無しさん : 2014/08/02 23:00:36 ID: JHs1aMDo

    ああいう社会団体の活動って、やってる本人は楽しいらしいからね。
    「仕事の楽しさ」というものを抽出して濃縮してかつ、本物の民間営利企業の雇われ社員なら色々ある苦労や嫌なことを全部逃れられるらしいから。
    仕事で自己実現ができて、尊敬され、ノルマも無ければ競争も無く、嫌な相手に頭を下げる必要も無く、逆に嫌な相手には集団で押しかけて頭を下げさせることも可能。
    公務員のように叩かれもせず、自営のように経済的責任も伴わない。

  15. 名無しさん : 2014/08/02 23:02:34 ID: vpPmv1kQ

    子どもの死は親が耐えられないからね…
    何かに打ち込むことで心安らいだんだろうけど残った方に向けてほしかったよなぁ

  16. 名無しさん : 2014/08/02 23:07:16 ID: mVlgnuy2

    ※14
    ああいう団体に支えられて本当に助かってる人たちも沢山いる
    お前みたいに分かったような顔して批判する俺かっけーみたいなゴミと違って、社会の役には立ってるんだよ

  17. 名無しさん : 2014/08/02 23:23:18 ID: 8.zUBmKI

    高校・大学の入学は親の証明が必要じゃないの?
    特に高校は保護者面談も必要だし
    正式に伯父夫婦の養子になったわけじゃないのにどうやって乗り切ったんだろうなー

  18. 名無しさん : 2014/08/02 23:23:33 ID: PCrWLm.E

    ※16
    投稿者みたいにああいう団体の影響でよくない生活送る人もいるってことだろ。
    それは問題ないのかね?
    おまえのほうこそ分かった顔して批難するゴミそのものだよ。

  19. 名無しさん : 2014/08/02 23:28:24 ID: j66qDnsg

    ※18
    家庭を大事にしながら団体としての活動を大事にしてる人だっているでしょ
    団体のせいじゃなくて親の人間性の問題だよ

  20. 名無しさん : 2014/08/02 23:29:37 ID: KJJmlREE

    爆笑したわ
    あほの両親ざまあああ

  21. 名無しさん : 2014/08/02 23:30:26 ID: uj6h9WH.

    ※17さんへ
    うちの親もいないも同然だったから、親の名前をじいちゃんに書いてもらって書類はしのげた
    だからきっと伯母さんに代筆してもらったんじゃないかとゲスパー
    親の直筆なんて教師にも受験する学校にもわからないもんだよ

  22. 名無しさん : 2014/08/02 23:40:21 ID: Y6FPNMQY

    ※18
    さすがにアンタは想像力が無さすぎ
    そういう人たちと実際に難病で子供を亡くした親を一緒に考えるなよ
    看護の甲斐なく子供を亡くした親の辛さは想像に余りあるよ
    その悲しみや喪失感をこういう活動を積極的に行うことで多少でも軽減できたり
    後悔や辛さから逃れることができるんだよ
    この親の悪いとこはもう一人の大事な子供を放っといてしまったことだ
    そしてそれは確かに良くないことだった
    両方ともに、実に寂しいことだけどね……

  23. 名無しさん : 2014/08/02 23:44:23 ID: /25WcVlY

    事故や病気で兄弟のうち片方を亡くすとこういう事ってあるらしいね
    この報告者の場合ネグレクトだけど、生き残った子供に対して
    「お前が4ねばよかったんだ」という八つ当りもあるらしい

    でもこの親の場合、弟が生きている間から報告者に家事丸投げしたりして
    屑要素強いね…

  24. 名無しさん : 2014/08/02 23:46:10 ID: 3ruiWcDI

    ※16
    支援団体が騒いだ程度で治るような病気なら難病じゃない
    実際に何を支援してどんな人が助けられてるんだ?
    まさか生活の援助なんてしてないだろうし
    せいぜい病気のことを一般人に広めるぐらいしかできないよな?

    病気を治したり症状を和らげるのは医者の仕事
    ちょっと調べれば誰でも分かるような情報を広めるために
    子供の人生台無しにしようとするなんて考えられないわ

  25. 名無しさん : 2014/08/03 00:01:12 ID: iYYnSzWQ

    読みやすい文章ですね

  26. 名無しさん : 2014/08/03 00:02:04 ID: tdN5wVGQ

    ハッピーバースデーは虐待されてる子が読むといろいろグサグサくる

  27. 名無しさん : 2014/08/03 00:08:25 ID: 0XTosxEk

    ※24
    難病の身内を抱えている人間の痛みは同じ痛みを抱えている人たちとしか共有できないんだよ
    家族が出来る支え方とか、心構えとかそういうのを教えるんだ
    そういう支援団体っていうのは、病気で苦しむ人の為の団体じゃない。それは病院の仕事だからな
    支援するのはあくまでも病気で苦しむ人を支える、家族なんだよ
    今回の両親はひどい事をしたと思うが、支援団体の存在自体は凄く大切なわけ
    ネットでそういう支援団体のHP腐るほどあるから覗いてみろ。全部支える家族に宛てて書いてあるんだぞ

  28. 名無しさん : 2014/08/03 00:16:54 ID: tU2IHzb6

    >※17
    >高校・大学の入学は親の証明が必要じゃないの?

    私も母親がちょっとアレな人で、父親は忙しい人だったんで、中学校の時から三者面談とかは来てもらってないわ。自慢じゃないけど成績も素行もよかったから、別に問題にならなかったけどなあ。
    大学の入学なんて、親の証明がどこに必要なんだ?
    学生カードの保護者欄なんて友達に書いてもらって(筆跡を変えるため)3文版を押せば終了。

  29. 名無しさん : 2014/08/03 00:21:28 ID: PcWSC0hc

    人それぞれ生まれもった欲求は違う。
    この両親は家庭よりも社会活動に対して強い欲求持ってたというだけ。

  30. 名無しさん : 2014/08/03 00:40:59 ID: hcE9iL6Y

    報告者も弟の家族なんだけどな

  31. 名無しさん : 2014/08/03 00:51:49 ID: 5iYSWYNQ

    娘が結婚してもスルーで、婿にも会わないし、婿の両親にも会わない、そして祝儀すら包まない

    そのくせ娘が30過ぎてから「孫に会いたい」って、娘だけでなく婿のことも婿両親のことも
    相当バカにしているよね。まずは娘に詫びるのが先だし、次に婿と婿両親に詫びて許しを得てから
    孫だろうに…最低の父親だよ。妻が死んで老後が見え始めてからようやく手紙一通だけで娘との
    再構築を手軽に狙うとか呆れたわ。

  32. 名無しさん : 2014/08/03 01:01:21 ID: 7kZdf6yw

    「スタンドバイミー」の主人公がこんな感じだったね。
    成績優秀でスポーツマンだった兄が亡くなったことで両親は毎日泣き暮らしてて、
    勉強とスポーツ苦手で内気で小説を書くのが趣味の主人公は空気扱い。
    で、しまいには「お前がタヒねばよかったのに」って言われるんだよ

  33. 名無しさん : 2014/08/03 01:01:23 ID: MVsDjHRM

    ※24
    お前世間知らずだなあ
    じゃなきゃアホだ

  34. 名無しさん : 2014/08/03 01:10:21 ID: n.khJh2Y

    自分も、弟が医療ミスでタヒんで、親に「上の子が代わりにタヒねばよかった」言われた口だな
    直接言われたんじゃなくて親がそう別のひとに叫んでるのを聞いた分、八つ当たりじゃなくて本音だったんだろう
    葬式まで数ヶ月親は弟につきっきりで、親の顔全く見なかった
    あとすこしなにか間違ってたら同じ立場だったかも知れんなと思うとなんかきついものがある

  35. 名無しさん : 2014/08/03 01:14:51 ID: 6ve.KpLg

    なーんか嫌な話だな、時間は戻ってこないからなまあ

    一番親として必要だった時期に何もしなかったら愛想つかされても仕方ないが多少は思い出もあるだけにこうスッキリクッキリしづらいわな

  36. 名無しさん : 2014/08/03 01:16:35 ID: pdW2cwRk

    ご両親の事は私にはとやかく言う資格無いんだけど、
    今丁度10歳くらいの子供育ててるから、報告者さんの子供の頃を想像すると泣ける。
    きっと報告者さん、子供心に弟が大変な時だからと思って一生懸命背伸びして頑張ったんだね。
    あとちょっと頑張ったら帰って来る、もう少し頑張ったら戻って来るかなと自分を励まして。
    ご両親はきっとそれに甘えてしまったんだね。
    もう自由になって良いと思う。幸せになってほしい。

  37. 名無しさん : 2014/08/03 01:26:57 ID: biL9nJyA

    団体に支えられてる人もいるのはわかるけど、残った家族をないがしろにしてまでやることではない。

  38. 名無しさん : 2014/08/03 01:39:55 ID: 0gxvQxLY

    積み木くずしの原作者の俳優家族も、こんな感じだったようだね。
    娘がやっと少し非行から立ち直ってきた途中で本を出して大ヒット。ドラマや映画も大当たりで講演依頼が舞い込み、夫婦とも娘をほったらかして日本中を飛び回っていたらしい。その後の方がずっと大変だったとか。

  39. 名無しさん : 2014/08/03 02:48:02

    こんなふうに子供が理不尽に泣いてる話読むと、国をあげて厳重に罰するべきだと主張したくなる

    >>38
    だろうね。 非行ってのは裏返せばもっと構ってだから、放ったらかしちゃそりゃあ悪化するわw

  40. 名無しさん : 2014/08/03 03:45:55 ID: szx0TqwY

    ※3
    これだよね
    嫁が死んで老後が心配になってから
    急に娘の事を思いだしたんだろうなあ
    会う事無いよ

  41. 名無しさん : 2014/08/03 04:38:46 ID: SR7/L8VE

    孫をきっかけに
    親子関係を少しでも再構築できたかもしれないのにな・・・
    それを思うと少し残念。」

  42. 名無しさん : 2014/08/03 06:23:40 ID: GPNm4I6c

    ※27
    その支えるべき家族の中にはこの報告者さんも入ってるんだよ
    わずか10歳で弟をなくした姉にカウンセリングが必要ないとでも思うの?
    1番親がそばにいてやるべき時期だって会の人は何も言ってあげなかったのかな
    両親を利用したいから?ひどい話だよね
    支える会の人たちは自分たちは事情が事情だから許されてるだけで
    本来傷の舐め合いは正義でも福祉でもなんでもないということを肝に命じて活動して欲しいね

  43. 名無しさん : 2014/08/03 09:03:37 ID: qZqRu2aE

    持論混じりだが、親は子は育てる、それが例えどんなことでも吸収して育ってく。
    常に居ないなら親は居ないのと同じ、自分の子と思って連絡入れるのはおこがましいにも程がある
    親が子を捨てたんなら、それを習って子も親を捨てるよ。当たり前だよね、親が教えたんだから。

    それに筆者の伯母みたいに、自分が親として愛してあげれば子どもは親と思ってくれる
    愛情には色々あると言っても、やっぱり子どもの傍に居てあげるのが一番大切だよ

  44. 名無しさん : 2014/08/03 09:13:05 ID: suDTop5A

    こういった親の場合は、たぶん報告者への謝罪より、
    自己保身のため言い訳を聞かされるハメになりそうで
    安易に会わないのが良いと思う、、、。


  45. 名無しさん : 2014/08/03 09:19:50 ID: k9oPYswc

    ※38
    その人のWiki見たけど壮絶過ぎる

    講演で飛び回ってる間に原作者の妻が自死する
    原作者の長女は20代で腎臓を患って、実に15年に渡る長期治療生活を送るが、治療の甲斐なく死去
    原作者の再婚相手が脳梗塞を起こして寝たきりになり、今は原作者が介護している
    本の印税で大金を得たが、その反動や悪徳会計士の手により多額の負債を抱える羽目に…
    なお2012年発行の自著において、未だに多額の負債を背負っているのを明らかにしている

    家庭を顧みなかったとはいえ、いくら何でも酷すぎる…

  46. 名無しさん : 2014/08/03 09:24:12

    母親は最期に娘のこと思い出したんだろうか

  47. 名無しさん : 2014/08/03 09:40:30 ID: 2hWL40IU

    ※23
    兄が亡くなったあとそれを親に言われたという女性を知ってる
    すっかり壊れて今じゃ立派な電波さんと化してしまった

    黙っていればハーフっぽい顔立ちで色白でちょっとポチャだけど可愛いのに…

  48. 名無しさん : 2014/08/03 09:48:58 ID: b6Mc4xFg

    ※41
    20年も他人でいたわけだからもう無理だと思う。
    それにカーチャン死んでるしな。

  49. 名無しさん : 2014/08/03 09:51:26 ID: H8Hy/2Gk

    自分の子供がちゃんと2人いるのになんですぐしんだ片方だけに両親揃って固執したんだろう
    8年間も一人っ子として育ててきた最初の子の方がむしろ可愛いんじゃないの?
    子供どちらにも大して興味なくて、介護を頑張る私達社会で頑張る私達が一番大好きだっただけってことよなぁ

  50. 名無しさん : 2014/08/03 10:03:15 ID: o/JsUXOU

    難病の子ばかり入院している小児病棟のルポで
    小学校中学年くらいの女の子が
    「今の絶え間ない苦痛がなくなるんだと思えば死ぬのは怖くない
    私がいなくなったら、私にかかるお金はいらなくなるし
    放りっぱなしにされている弟も両親にかまってもらえて、
    遊びや旅行に連れて行ってもらえるだろう」
    と言っているのを読んだことがあるんで
    投稿者の両親は何だかなと思う

  51. 名無しさん : 2014/08/03 10:32:32 ID: GPNm4I6c

    結果的に講演会や支援の会が両親の「喪の仕事」を妨げてる
    段階を追って傷は癒されていくものなのにいつまでも傷の中にとどめている
    こういう専門家のいないただの寄り合いは百害あって一利なしだとつくづく思うよ

  52. 名無しさん : 2014/08/03 12:01:09 ID: qD.rNg1I

    嫁が亡くなった後、今後の人生に不安がでてきて慌てて報告者に縋って来たようにしかみえないな、この父親は。

    さんざんネグレクトしてきた後で今更どんな顔して親子関係を再構築するつもりだったのやら・・・

  53. 名無しさん : 2014/08/03 14:24:23 ID: xE4iZ4Bs

    今は死に意味を求めすぎてるんだ。
    支援団体としては、お涙頂戴にしたほうが思惑通りにし易いから、いわゆる“不幸な両親”を利用する。
    そして利用するためにマインドコントロールも厭わない。
    普通は節目節目(四十九日とか)で心の整理をするものなのに、支援団体のせいで報告者の両親にとって弟の死はまだリアルタイムなものなんだろうな。

  54. 名無しさん : 2014/08/03 19:51:14 ID: PJo1WfgM

    再構築もなにも最初から構築されたもんなんてないだろ

  55. 名無しさん : 2014/08/03 20:56:04 ID: dWgD9zkQ

    メサイアコンプレックスってやつになっちまうんだろうな。
    似た境遇の者同士で身を寄せ合って外部にはわからないことを共有しあって…そのうちカルト教団みたいになっちまうんじゃねーの?

    親がカルトにハマった家庭の図式にかなり似てると思う。

  56. 名無しさん : 2014/08/03 22:13:16 ID: LIt/ejIg

    私も弟を病気で亡くしたけど、両親には全うに育ててもらって良かった。
    それでも亡くなってからの数年は私もほぼ空気扱いだったので、
    その時以上の悲しみというか空しさがずっと続いたのかと思うと投稿者さんには幸せになって欲しい

  57. 名無しさん : 2014/08/03 23:12:27 ID: zqhTVEEE

    子供を亡くすまでは親に同情できるけれど、
    その後の家事をおろそかに、年端もいかない子供に家計まで握らせ
    かえりみなかったというのは絶対に同情もなにもできたもんじゃない

    大学の先輩が、こういう「病気の子供の兄弟」のケアについての研究していたのを思い出す
    当時、-目から鱗だったな…

  58. 名無しさん : 2014/08/04 06:48:29 ID: Nc/UFKXY

    中学で兄が死んだ時からずっと母が早く死にたいとか、いつ死んでもいいとか言ってて、あぁ自分のことを愛してくれる母はいないんだなぁと思ったな。

  59. 名無しさん : 2014/08/04 13:54:21 ID: S/aEk5cY

    米58
    イキロ

    なんか、もやっとする話だなー
    両親ひどいけど、物凄い悪党でもないんだよね。
    弟が生まれる前は楽しい家族だったみたいだし。切ない・・・

    俳優の宇梶剛士の家もこんな感じだったらしいね。

  60. 名無しさん : 2014/08/04 18:40:58 ID: 11HlkLXQ

    *58 しっかり。極端な話で悪いが
    うちの母親のように、子供を使って
    自分の人生(の気に入らない所だけ)を生き直させようとしたり、
    理想に近づけようと、自分にだけ都合の良い論理で、横暴なまでに振り回されるよりは
    ほって置かれる方がマシな気がするゾ、、、。

  61. 名無しさん : 2014/08/04 20:26:08 ID: kZEshK8s

    片割れがいなくなった時にふと、自分たちにはもう1人子どもがいたんだってことを思い出したのかな。

  62. 名無しさん : 2014/08/05 02:42:32 ID: JAXyHn6o

    ※45
    ついでに最近になって娘が実は自分の娘じゃなかった事も発覚している
    前妻は新婚当初からある男とズブズブの仲で娘はそいつの子だった
    (しかもその男こそ後年の借金地獄の元凶の「悪徳会計士」だったりする)

  63. 名無しさん : 2014/08/10 20:49:33 ID: iwKYlJZM

    静かな文章が余計切なかった。
    私も両親とは生きながらに縁がなくなったのでこの人の気持ち少し分かるな…

  64. 名無しさん : 2014/08/22 19:54:08 ID: b7khVugo

    ※24
    自分で最後に言ってるよね。『考えられない』って。
    貴方自身の思考の限界というだけなんだよね。
    狭い世界でぬくぬく生きていくのは勝手だよ。
    でも、其処で生きているのはおそらく君だけなんだよね。
    それを理解して、余りわかったようなことを言わずに閉じこもって生きていってね。

  65. 名無しさん : 2014/09/14 20:14:32 ID: Ab04loBY

    産んだだけでは親にはなれないだね。

  66. 名無しさん : 2014/10/01 19:47:00 ID: no87aleQ

    まさに今更どの面下げてって話よの

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。