幼い頃の記憶… 私の視線はあるものに釘づけになっていた。長い台の上に散らばる白い物体に

2015年04月01日 14:05

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1423487106/
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6
766 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/01(水)01:55:44 ID:N77
私は、割と幼いころからの記憶がある。
覚えているとはいっても、やはり幼いだけにはっきりと記憶に残っているものは少ないんだが、
とある記憶は詳しいところは覚えてないのに、妙に印象に残っていた。

その記憶とは、幼い私が母に抱かれて、何かの集まりに参加しているというものだった。
そこにはたくさんの人がいたんだが、私の視線はあるものに釘づけになっていた。
そのあるものとは、長い台の上にたくさん散らばるようにしてある白い物で、その中でも
台のてっぺんの方に置かれていた白くて丸い大きな物に私はひどく興味を惹かれていた。
幼い私は、
「あの大きなのは何だろう、触ってみたい!!」
と手を伸ばしていたんだが、母に抱かれているのでほとんど身動きは取れず、大きいのにも
他のにも触れないままだった。

スポンサーリンク
その幼い日から月日がたち、最近になって、あの記憶はいつの記憶だったのだろう、
と考えてみたら、ある考えにたどり着いた。
あれってひょっとして、骨だったんじゃね?

・たくさんの人がいた→親戚とかの集まり?
・台の上のたくさんの白い物→焼かれた後の遺骨?
・その中にひとつだけあった白くて丸い大きな奴→頭蓋骨!?

私がいくらか記憶があるようになってから亡くなって、葬儀にまで参加した親戚というのは、
母方の祖父しかいなかった。
そこで母に訊いてみたら、私は確かに母に抱かれて葬儀に参列してたし、遺骨が焼かれた後の
お骨拾いの場にもいたそうだ。
幼い私は、それがまさか可愛がってくれてた祖父の骨だとも知らず、というか祖父が
亡くなったのだということも分かっておらず、無邪気にあれ触ってみたい!!とか思ってたのだ。
まさか祖父も、愛孫が自分の遺骨を触りたがるとは夢にも思ってなかったに違いない。
幼き日の無邪気な私に衝撃だった。

767 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/01(水)03:11:58 ID:PIn
こどもってやーね

768 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/01(水)09:14:11 ID:ww5
よく憶えてるなー
別に子供が無邪気に何か(骨でも)に触ろうとしても衝撃でもなんでもないと思うけどw

770 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/01(水)09:24:48 ID:1AE
>>766
骨になっても慕われて、じーじも嬉しかっただろう。

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2015/04/01 14:15:17 ID: nwWJRq2g

    可愛がってた孫なら触られてもお爺ちゃんは笑ってると思うがなぁ

  2. 名無しさん : 2015/04/01 14:19:11 ID: RbaD9/R.

    言うほど衝撃的でもない

  3. 名無しさん : 2015/04/01 14:23:53 ID: aT4Xlqpo

    これもじいちゃんの思い出のひとつだろ

  4. 名無しさん : 2015/04/01 14:24:50 ID: ZP58G/VI

    私も似たようなのあったなー
    夢かなにかと思ってたことが、実際にあったってこと。

  5. 名無しさん : 2015/04/01 14:37:44 ID: fQ56Qcbk

    宗教の集会かと思った自分は毒されてる

  6. 名無しさん : 2015/04/01 14:40:10 ID: lZHkpD5w

    ※5
    自分もそっち系かと思った

  7. 名無しさん : 2015/04/01 14:45:57 ID: MsDfLOFY

    >こどもってやーね

    ほーね (”そうね”(そうですね)を方言で”ほうね”(ほうですね)という)

    ドヤァ!

  8. 名無しさん : 2015/04/01 15:00:38 ID: sL9CP8vI

    ※5
    怪しい新興宗教じゃないってだけで
    お骨拾いだって立派に宗教の集会じゃねーか。

  9. 名無しさん : 2015/04/01 15:12:31

    ※5
    同じく自分も毒されてる

    怖がらず触りたがってもらえるなんて爺もうれしかろうよ。

  10. 名無しさん : 2015/04/01 15:25:49 ID: 9GJKX5Tw

    「孫なら何をされても構わない。何なら孫の●んこたらしてくれ」
    ぐらい祖父母なら思っているはず。

  11. 名無しさん : 2015/04/01 15:29:59 ID: 5sGVnF4E

    限界集落に住む田舎ものだと、幼少の記憶も
    『大雨で崩れた先祖代々のお墓を父と修繕に
    行ってるのだが、墓石の後ろにあるスペースが
    ボッコリと大穴になっていて、掘り返された
    赤土にまみれたカボチャのようなものは、俺が
    生まれる前に逝かれた、大爺さんの頭蓋骨、、、』

  12. 名無しさん : 2015/04/01 16:02:09 ID: eDHbWaxE

    米10
    それは懐いて可愛い孫だけw

  13. 名無しさん : 2015/04/01 16:03:51 ID: rBxVFFc6

    はあ、赤ん坊の時とか飯食ってた記憶しかねーよ
    まじで覚えてられるもんなんか…

  14. 名無しさん : 2015/04/01 16:14:44 ID: VnU99k6.

    だな
    「ほねー!やだー!こわいー!!」ってギャン泣きされたら爺ちゃんも辛かろうよ

  15. 名無しさん : 2015/04/01 16:15:56 ID: rqJitA66

    どこに衝撃が?

  16. 名無しさん : 2015/04/01 17:30:30 ID: IEdNHfF2

    俺も二歳の時の記憶あるしたまにいるみたい。

  17. 名無しさん : 2015/04/01 17:45:40 ID: jTKvIkfg

    記憶は白い粉が散らばっている場面
    産みの親は麻の薬の常習者だったが打ち過ぎでしんでしまった
    だから報告者は本当は養子だった
    までタイトルだけで妄想した

  18. 名無しさん : 2015/04/01 18:38:22 ID: 9hcNxYWA

    カルト儀式で白い蛇が切り刻まれてるのかと思った

  19. 名無しさん : 2015/04/01 20:44:39 ID: gJTLcpv2

    どこが衝撃?
    って言ってる人いるけど、報告者本人が衝撃だったんだから別にいいじゃん…

  20. 名無しさん : 2015/04/01 22:58:56 ID: uI6pt5j6

    んだな、幼児がなんもわからず触りたがるのなんか当たり前だしな

  21. 名無しさん : 2015/04/02 01:38:37 ID: LZhLpBtM

    骨まで愛したんやよ

  22. 名無しさん : 2015/04/02 02:36:26 ID: 3iz3yuBw

    なんとも和む話ではないか。

  23. 名無しさん : 2015/04/02 03:02:05 ID: vl6iKGtE

    葬儀参加者目線だとこう見えてたかもしれんぞ
    「可愛がってくれたおじいちゃんだとわかるのかしら?」
    「あんなに一生懸命手を伸ばして…」

    しかし真相は
    「あの白いの何!遊ぶ―!」

  24. 名無しさん : 2015/04/02 16:57:12 ID: T3O2nL06

    自分はアラフィフなもんで、ひいばあちゃんが土葬だった。(ド田舎)
    葬式後しばらく、人形を砂場に埋めては「おそうしきごっこ」と言っていたらしいので両親は「見せるべきではなかったか!」と私のトラウマをものすごく心配したらしい。

    が、なんも覚えてない。
    ちなみに私が生まれる前に亡くなった祖父、生まれてすぐ死んだ長兄、それに私が18歳くらいの時になくなった祖母まで土葬だったので、墓場に土饅頭が並んでいるのは当り前に思っていた。
    むしろ火葬場でお骨を見たのなんて二十歳過ぎてからで、焼くのかぁってなんだか落ち込んだなあ。

  25. 名無しさん : 2015/04/03 18:13:56 ID: IjMp1ATM

    幼いころ、父の弟が亡くなり、その頃はふつうだった、自宅で葬儀を執り行った。
    叔父は白装束にオデコに△の白いのを付けて寝かされていた。
    その叔父の生前の記憶はいつもお酒の匂いがしていたこと。
    いつも笑顔の大好きな祖母が大粒の涙をこぼしていて遊んでくれなかった。
    大変なことが起こったことだけは幼心ながらに分かっていたけど、
    2歳くらいじゃ死の悲しみは理解できないね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。