小2の娘が最近死ぬことへの恐怖で情緒不安定気味

2011年09月17日 08:01

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1261668654/
718 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 09:21:05 ID:/6deyc8X
小二女児。最近死ぬことへの恐怖で情緒不安定気味。
きっかけはハイチ地震に加えて、学校の友達の友達が心臓の病気で亡くなった
という事を聞いたらしい事から。元々地震が怖くてTVのニュース速報で
ピコーンピコーンとテロップが流れるだけで涙目になるような子です。
なのでハイチ関連も意識して避けてはいたのですが、なかなかそうも行かず・・・
小二程度じゃ想像出来る事も限られていて、本人も結局死が漠然としているからこそ
余計に不安なんじゃないかと思います。幾ら大丈夫と言っても納得せず、
突然「また死ぬ事考えちゃった・・・」と言ってはボロボロと泣いたり、
夜も寝付けずにシクシク、夜中も起きたり叫んだりしていて、昨日はとうとう
熱が出てしまいました(半日で解熱しましたが)orz

身近な死の経験は2歳前に祖母を(でもほとんど接点無かったし今はもう
覚えてもいないっぽい)、後は可愛がっていたペットが一年前に亡くなり、
その時も数日情緒不安定ではありましたが、その時とは様子が全く違います。

軽度障害児なのでそこも何か起因しているのかもしれませんが、低学年で
死を見つめるというのは重すぎる命題で、親としてもかなり戸惑っています。
何か低学年でもわかるような本やサイトなどあったら教えて貰えないでしょうか。

スポンサーリンク
720 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 09:26:43 ID:BGxHchNq
>>718
逆に医療が進歩してるから助かる命もあるんだよという方向性はいかがでしょう?
一度気になったら気になって仕方がないのだと思います。
無理に忘れろ違うことを考えろといっても難しいと思うので…。

721 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 09:44:42 ID:LXpO2BM2
>>718
私が10歳くらいの頃、娘さんと同じ状態になりました。
もの凄い恐怖感が湧き上がってきて、その度に吐いていました。
きっかけは火葬でお骨を拾わされた事。優しい叔父の骨・・ショックでした。
親には発達障碍か?神経質なのか?と言われ、傷つきました。
(発達に問題があると死の恐怖を感じるのですか?関連性がわかりかねますが)
親は私の苦しみを他に理論付けて勝手に納得したいだけなのかと、腹が立ちました。
何の対応もしてくれず、呆れるだけでしたから。
身近な死や大規模災害にショックを受けている子にそんな事を思わないであげて下さい。

本をお探しのようですが娘さんは死への説明を受けいれられる状態でしょうか?
私は聞くのも見るのも嫌で、なんとか納得しようとしましたが無理でした。
私の場合は親の理解がなかったため結局時間が解決してくれるのを待ちましたが
こういう状態になった後で死について納得するのは今の時点は難しいと思います。
具体的にどんな方法がいいよとアドバイスはできません。
将来の明るい見通しや楽しいと感じられる時間を少しでも増やしてあげてください。
当時の私は「忘れたいのに忘れられない。誰か忘れさせて」と思っていました。

理屈じゃなく、何か変なホルモンがグワーっと湧いてきて
それと同時に止められない恐怖感も湧き上がる、そんな感じなんですよ。
先生に怒られるのが恐いとかそんなレベルではなく、本能的恐怖感です。


722 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 09:52:42 ID:BGxHchNq
>>721
>発達に問題があると死の恐怖を感じるのですか?
専門家ではないので正確ではないかもしれないけれども、
こだわりが死というものに向いてしまったのかなと思う。

うちの子はおばけを覚えてから暗いところを怖がります。
子供が歩いたところはすべて電気がついてる状態です。寝室の豆電球が切れると寝れないので買い置き必須です。
こだわる対象が電車なら路線図覚えたりと親的にも(趣味が出来るという意味では)良いんですがね…。

723 :721 : 2010/02/04(木) 09:53:58 ID:LXpO2BM2
追記。
私は障碍診断は受けておりません。両親が理解できない事を
なんでも障碍障碍言う人達だったので・・。
なので娘さんの軽度障碍との関連性については私にはわかりかねます。
親の言葉を思い出してチラッと書き込んじゃったけれど、
誤解の無いようにお願い致します。
娘さんの心が落ち着く事を祈ってます。

そういえばうちの末っ子(春入学)も
生死について真面目な顔で質問してきたなぁ・・。
きちんと答えてあげておかないとだめな年齢だよね。

724 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 10:02:05 ID:961U5Av4
子どもって多かれ少なかれ死について考える時期があるんだろうね。
うちも教えてもいないのに突然「お母さん、絶対死なないでね」って言い出した事があって、死亡フラグかと思ってgkbrだった。

734 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 19:20:30 ID:HcD0OFPg
>724
結構そういう事ってあるんだね
うちは「俺、お母さんが死んでも絶対忘れないから・・・(泣」だったw

726 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 10:12:40 ID:qLaN3S/u
>718
軽度障害の診断名が何か分からないけど、「死」というものに
こだわりを持ってしまったのなら、娘さんは相当苦しいと思う。
自分でも止めたくても止められない状態だと思うから。
夜中起きて叫んだり動き回ったりするのはそれ自体夜驚症と
言えるし、ベースに障害がある事を考えても、良い状態じゃないね。
掛かり付けの小児神経科や児童精神科はある?
夜の状態だけ考えても、受診した方がいいレベルだと思うよ。

うちの子(PDD)も、親戚の死をきっかけに死にこだわった時期が
あったよ。
その時はありのままを見聞きさせて話したな。
思い込みで恐怖を増幅させるより、実際どうなるかをちゃんと
教えた方がいいと思ったから。
お葬式には行けなかったけど(故人の家族だけの密葬だったから)、
納骨前の骨箱が据えられた祭壇に手を合わせて、故人だけが
いなくなった家や家族の様子も見させてもらって、思い出話をして、
ご本人が頑張って闘病した事やご家族の苦労も話して聞かせて、
「いつかは死ぬのは本当。だけど、今こうして生きていて色んな事を
楽しんだり家族が仲良くしてるのも本当。死んでも残るものもある」
みたいな事を話したと思う。
納得したかは分からないけど、「今を楽しもう」という姿勢には
なったと思う。
医師や療育や支援級の先生にも相談して、たくさん助けてもらったよ。
親一人で抱え込める問題じゃないと思う。

727 :718 : 2010/02/04(木) 12:45:55 ID:/6deyc8X
早速レスありがとうございます。

本当に仰る通り!死に囚われてしまって身動きが出来ない状態
のように感じます。「何でこんな事ばっかり考えちゃうんだろう。
止められない」と言っています。>>721さんが言っている「本能的恐怖感」
という言葉がスっと降りました。ただ、学校では出ていないようなので
(担任談)やっぱり本当にフとした「間」に出ている感じです。

ADD/LDなので拘りはないのですが、見通しを立てるのがとても弱いので
「地震=死」「病気=死」という自分が得た情報が全てで、地震も病気も身近な物
だから故に「どうしよう」という風に思っているのかもしれません。昨日は
「腰が痛い」と私が言っただけでスイッチが入ってしまいました。「ママが
死んだらどうしよう(号泣)」と。後はもう寝るまでずっとこの調子です。
腰痛=病気=死になってしまっているのですね。

「考えるのを止められないのなら無理に止めなくていい、楽しいTV観てたり
学校に言っていれば忘れられるのだから、また考え出してしまった時には
好きなだけ考えて泣いていい。でも腰痛なんかでは死ぬ訳が無いし、病気に
なったからと言って人が死んでたら地球から人がいなくなってしまうよ?
だから大丈夫」なんて話を昨日しました。そんなんではもちろん止まりませんが。

担任には相談しましたがやはり戸惑っている様子。機会があったら話し合ってみる
という程度の反応。支援級には通ってないですし、掛かりつけも軽く相談出来る
感じではなく。今フと思ったのですが、こども電話に掛けさせてみようかしら。

728 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 13:08:56 ID:9GddJtKA
私も小学5年生の時に死の恐怖にとらわれたことがありました。
きっかけは大したことではなく、よく来る親戚のおじさんが高齢で
『もしかしてそのうち死んじゃうのかな』ということから連想で出て来たものでした。
1ヶ月以上はとにかく怖くて、病気や事故といったものに過敏になりました。
死亡事故などのニュースに過敏になったり、買っていた漫画雑誌に
しばらく掲載のない漫画家さんがいると『実は死んだ?』と考えたり
とにかく無闇に死を身近に考えていました。
しばらくたつと表には出さずに済むようになりましたが結局一年弱は
何かにつけ脅えていましたね。

こういうことって理屈ではどうにもならないし(死を否定することは不可能だから)、
時が過ぎるのを待ちながら『あれ? 意外と死なないぞ?』と認識が
上書きされるのを待つしかないというのはあると思います。

でも、要は不安で不安でたまらないということなので、パニックになったら
抱きしめるをひたすら続けているだけでも落ち着いていけると思います。
『怖くなっちゃう自分』を受け入れてあげて下さい。

729 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 13:44:22 ID:HucVBXJh
こういう時のために、既存宗教があるんんだと思う。
キリスト教や仏教の概念で、死を分り易く安心できるものとして
説明できれば「死は怖いけれど大丈夫なもの」として
受け止められるようになるのだけど。
私も子供の頃、欧州で過ごしてずいぶんキリスト教精神に助けられました。
洗礼受けてないし信者でもないんだけれど。
なんとなくでも心の拠り所があると、安心するよ。


730 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 16:21:09 ID:e1y97lhU
確か大江健三郎のエッセイだったと思ったんだけど、
小学生の頃に死ぬことが怖くて、誰かと話したり学校行くこともできなくなり、
一日中裏山でひざを抱えてそのことばかり考えてた時期があったらしい。

ある日お母さんにその恐怖を話したら、
「もしあなたが死んでも必ずまた私が同じように、同じ記憶を持ったあなたを
産んで育ててあげるから大丈夫」
と優しく笑ってくれて、憑き物が落ちたように元気になったっていう話があった。

これで納得してくれるかどうかはわからないけど、
優しく安心させてあげるのが一番だと思う。

731 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 16:26:59 ID:961U5Av4
子どもの頃は自分が死ぬ事よりも周りが死ぬ事が怖かった。
夜、布団に入ると両親とか飼ってる猫が死んじゃう事を考えて、息苦しくなって眠れなくなった。
母親に訴えたんだけど、うまく伝わらなくて、単に動悸がひどいんだろうってんで六神丸飲まされたよ。

733 :名無しの心子知らず : 2010/02/04(木) 17:06:14 ID:Y6WrQuz7
>>727
地震への対策を一緒にしたらどうですか?
家はこれだけ補強してあるから大丈夫、水・食料はこれだけあるから大丈夫。
防災頭巾もあるから大丈夫、はぐれても集合場所決めておけば大丈夫、学校は避難訓練しているから大丈夫。

死への関心が恐怖に向いて良かったと思います。
私は小学生の頃、死後の世界へ興味が向いてしまいました。
多分エホ○の証人の母の影響。一緒に住んでいなかったので私は信仰していないのですが
あのイエス様?を囲んでライオンやらパンダやらがいる、そこの世界へいくとかが刷り込まれたのだと思います。
一体その世界で何をするのか。死んだ人皆イエス様の近くに行くなら順番待ちなのか。
パンダとライオンはどっちが強いのか。何もすることがないなんてそんな世界絶対行きたくない!
日本で幽霊になって、パリのエッフェル塔に行こう!嫌いだったあの子を驚かそう!
そんなことばかり考えていました。小学生どころか中学生までそうだったかもしれません。
ジサツすると自由がきかないと考えていたので、ジサツ願望は無かったのは良かったですが、
いつ死んでもwktk、みたいな状態でした。
中2位のときにニュースで同世代の子が「死後の世界が見たいから」でジサツしたのをみたとき
「人間はいつか死ぬのだから、そのときに分かるんだから気長に待てばいい」と思ったときから
死後の世界についてあれこれ深く考えるのをやめました。
今でもたまにエッフェル塔には死んでから行こうとかは考えるけど、あの頃のような深刻さは全くない。

741 :718 : 2010/02/05(金) 09:12:53 ID:Rlj61+xy
たくさんのレスありがとうございます。昨日また帰宅後シクシク始まり色々話をして、
こども電話相談に電話させてw 妹夫婦と食事だったのでそこでも話させて
色々な意見を娘なりに取り込もうとする姿勢が見えました。うちは無宗教ですが
娘が「神様がイヤボックスを持ってきてくれる」という事を言ったので
(イヤボックス=神様が持っているイヤな事を捨てられる箱らしいですww)、
じゃー神様も順番で回ってるだろうから、その順番が回ってくるのを一緒に待とう。
それまではまだ考えちゃうだろうけど、ママやいろんな人に話しながら神様を
一緒に待とう。という話をしました。

地震については>>733さんのアドバイス通り昨日説明して、幾分納得したっぽい。
妹がさくらももこのコジコジという漫画に神様の話が載っていたと言っていたので
それも見てみます。>>733さんの通りあんまり神様神様というのもなんですが、
>>729さんの話もあるので(義父母は敬虔なクリスチャンなんですが遠距離・・・)

まだまだ時間は掛かると思いますが、しっかり付き合って行きたいと思います。
頑張ります。ありがとうございました。本当に助かりました。

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2011/09/17 08:23:20

    東日本大震災後、相談者の娘さんがどうなったのか気になる。

  2. 名無しさん : 2011/09/17 08:28:11

    深く追求したときに死の何を恐れているのかは人それぞれだから迂闊なことは言えない(うっかり深い部分を刺激して恐怖が増すこともある)けど
    死んだら娘ちゃんと私(母親)は同じ場所にいるよ、一人ぼっちじゃないよってことを言ってあげたらいいんじゃないだろうか
    これも「そっか、母親の方が先に死ぬんだ…」って気付かせて悪化する場合があるから胸張って薦めることはできないけど

    だんだん「考えないようになる」だけで、大人になっても解決はしてなかったりするんだよね。
    ネプチューンの原田泰造も番組で「いまだに、死ぬことを考えると怖くなる」って言ってたし

  3. 名無しさん : 2011/09/17 08:43:58

    だれもが通る道なのかもね。
    こだわりが強い障害があるから強くでたってだけで。
    私にもあったなぁ。ひとしきり悩んだらいつのまにか治ってたけど。

  4. 名無しさん : 2011/09/17 08:59:35 ID: SFo5/nok

    これって誰でもあるんじゃないの?テレビで誰か言ってたけど。俺も一年位あったし

  5. 名無しさん : 2011/09/17 09:07:09

    死恐怖症ってやつだね
    1. 意識の喪失による無が怖い人
    2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
    3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
    4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
    5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
    6. 永遠が怖い人
    7. 身近な人の死が怖い人
    小さいうちは親が死んでいなくなる恐怖のがでかかった

  6. 名無しさん : 2011/09/17 09:22:56

    自分も保育園のころに科学番組で何億年後かに太陽が爆発して地球も終わるというのを見て、
    高校生くらいまで間欠的に恐怖に襲われることがあったな。
    寝てる間に火事になったら、飛行機が落ちてきたら、心臓止まったらetc

    自分は、阪神大震災で炊き出しにたくさんの人が列を作っているのを見て
    「いろんなものをなくしても、人は本能として生きるための行動をするものなんだ」
    「人は必ず死ぬけどどうやっても時期も方法も選べないから気にしても仕方ない。
    死んだらそこで自分は終わりで死後の気持ちや後のこと考えても仕方ない。
    自分が死んでもこの世界は終わらずちゃんと続いていく。
    家族も普通に生きていくし、今までの人類の歴史が証明してる」
    って思ったら大丈夫になった。

    自分だけじゃなくほかの人も同じように悩むんだとわかるだけでも軽くなるかもね。

  7. 名無しさん : 2011/09/17 09:24:10

    うちの場合は、とにかく具体的にどうしたらいいかで話ていったな~。

    お母さんが死んだらどうしよう
     →お父さんに面倒みてもらいなさい
    お母さんとお父さんいっぺんに死んだらどうしよう
     →おばあちゃんとおじいちゃんに面倒みてもらいなさい
    おばあちゃん達もいなくなったら?
     →誰も面倒みてくれる人がいない子の施設があるからそこへ行ったらいい。
      その時は誰でもいいから大人に話したら連れて行ってくれる
    僕1人生き残ったら?
     →畑つくって狩りをしたら?誰もいないならお店のもん取り放題だよ!
    僕が死んだら?
     →おばあちゃんが迎えにきてくれるから大丈夫。毎日お線香あげて頼んでる。
      死んでからはお母さんが僕くんが毎日ごはん食べられるようにお線香あげてお願いしてあげる。

    これで納得した。

  8. 名無しさん : 2011/09/17 09:28:20

    俺はノストラダムスの予言を初めて聞いた時(4歳くらいだったかな)にしばらくこんな状態になったな。
    その時は親父に「それで死ぬ時はみんな一緒だから別に怖かない」と説得されて「なら良いか」と納得したんだが。

  9. ななしクン : 2011/09/17 09:49:12

    死の恐怖は誰もが潜在的に持ってるものだしなぁ。子供や多感な小中学生は特に感じやすいっぽい。
    あまりに酷いようなら、ネクロフォビアっていう恐怖症の一種だから、医者に行くことをおススメ。

  10. 名無しさん : 2011/09/17 10:34:52

    誰しもが通る道なんだな
    俺はちきゅうのひみつ見たいな科学まんが読んで何十億年後地球は無くなるって知って
    とてつもない恐ろしさを感じて眠れなかったことがあった
    お前いつまで生きるつもりだって話だけども

  11. 名無しさん : 2011/09/17 10:47:14

    小学生くらいの時に死の悩みを持つことは珍しくないのだろうね。
    大人になっても死は怖いものだし、向き合うのも乗り越えるのもとても難しい。
    東日本大震災でトラウマになった子もいっぱいいるだろうな。

  12. 名無しさん : 2011/09/17 10:48:26

    みんなあるのか…自分は精々死後何がある、どうなるんだろうレベルで深刻なものはなかったな。賢くないからかもしれんけど
    身近にこういう子がいても接し方がわからなくなると思う

  13. 名無しさん : 2011/09/17 10:50:40

    自分は津波が怖かった
    家が海の近くで、大人になったら地震の無い国に逃げようとか思ったり、家の裏の山に避難経路を作ろうとしたり
    今みたいに地震とか全然騒がれてなかったのに何であんなに怖かったんだろう…
    まあ結局南海地震が来たら沈む地域なんだけど、成長するにつれてだんだん諦めがついてきた

    311の津波が今まで想像してきた津波よりは怖くなかったからちょっと安心してしまった自分がいる

  14. 名無しのアレ : 2011/09/17 11:03:22 ID: SA6FeTeQ

    733のコメントが妙に可愛いなw

  15. 名無しさん : 2011/09/17 11:32:16

    死ぬことへの恐怖はなかったけど、一時期”大人になりたくない”って感じに軽くピーターパン状態になってたな

    小学校低学年から中学3年まで1年おきに父親含めて親族や飼い犬が亡くなってたから単に感覚が麻痺してただけかもしれんけどね

    小学5年の時に父親が亡くなってから一時期死について考えてはいたけど、死が怖いとかそういうマイナスな感じじゃなかったな

    ずっと色んな宗教に関する本を読んで、死んだらどうなるのかってずーっと考えてた(死後の世界的な意味で)

    で、未だにその答えが自分の中で見つかってない

  16. 名無しさん : 2011/09/17 11:46:36

    発達障害だと、生き方のわからない恐怖があって
    死の思想まで距離が近い

  17. 名無しさん : 2011/09/17 12:08:42

    中島義道じゃん・・・・

  18. 名無しさん : 2011/09/17 12:10:02

    昔考えたなぁ
    死ぬと意識がなくなって、それを考えることすらできなくて…って考えて、泣き出したw

    ちょうど同じ時期にダイの大冒険でポップが小さい頃同じ状態になった話をしてた
    ポップの母親が、
    「人はいつか死ぬ、だから一生懸命生きるのよ」
    と慰めてた
    以来死ぬということがあまり怖くなくなった

    人には色んな受け止め方があるよね

  19. 名無しさん@ニュース2ちゃん : 2011/09/17 12:11:10

    高校生くらいのときこの過酷な社会で生きていくことに恐怖を感じてときどき泣いてた。
    今その恐怖は的中している。早くこんなの終わりにしたい。

  20. 名無しさん : 2011/09/17 12:28:27

    んまぁ、結局なるようにしかならないという、結論を出したなぁ。
    中二病全開の頃w

    ※19
    うん、俺も。
    こんな暗い性格で、不器用で物覚えの悪い俺は社会でやってけない・・・って思ってた。
    事実社会に出て数年は怒られ通しだった。
    たまたま気立ての良い友人が出来て、その子を真似て仕事をするようになった。
    最初は全然上手くいかなかったけど、笑っていれば笑い返してもらえるようになった。
    そうして我武者羅に走っていたら、苦痛だけの仕事が多少出来るようになって苦痛が和らいだ。
    今は現状幸せと言えなくもない。友達少ないし恋人居ないけど。
    前に向かっていれば良いことあるよ。
    あと、笑顔の練習して、笑顔で対応してみ。苦痛が和らぐから。

  21. 名無しさん : 2011/09/17 12:31:59

    死への恐怖どころか毎日死にたいと思ってる

  22. 名無しさん : 2011/09/17 12:47:58

    子供なんで他の事で気を紛らわせて凌いでおけば考えが変わるんじゃね?
    例えば「口の中で舌の位置」とか

  23. 名無しさん@ニュース2ちゃん : 2011/09/17 12:48:36

    私はいまだに怖いし、どうにか回避できないかと考えてる。
    意識さえ連続するなら死んでも良いんだけど。

  24. 名無しさん : 2011/09/17 13:07:52

    体をモミモミしてあげたら怖くなくなると思うなぁ
    (;´Д`)ハァハァ

  25. 名無しさん : 2011/09/17 13:07:56

    小2病です。この世の誰もが通る道。

  26. 名無しさん : 2011/09/17 13:11:09

    年食っても意識すれば怖いものだしね

  27. 名無しさん : 2011/09/17 14:07:15

    この父親心配しすぎ。
    軽度の障害あるからなのかも知らないけど本当に誰でも通る道だからな。
    死については 悲哀→憤怒→否定→諦観→受諾 の順に受け入れていくらしいよ。

    俺の場合、福本の「天」の最終巻は確実に俺の中の何かを変えたと思う。
    霊的なものがあるならそれも良し、無くても俺という存在を形作っていた物質が消えるわけじゃないって感じのニュアンスだっけかな。

  28. 名無しさん : 2011/09/17 14:50:20

    >>22
    おい、気になって落ち着かないんだがどうしてくれるwww

  29.     : 2011/09/17 16:37:57

    小2~3で地震のことを習ってから、
    寝てる間に地震が来て、家に潰されたらどうしよう…
    で、不眠症になったことがある
    いつの間にか治ったけどなんかきっかけあったけなぁ

    ちなみに弟は小4とかで発症してた
    風呂でいきなり吐いたと思ったら
    「僕もいつかは死んじゃうんだって思ったら
    怖くて気持ち悪くなっっちゃって…」とか泣いてた
    弟には平均寿命の話をしたら落ち着いたけど

  30.    : 2011/09/17 17:09:15

    ※13
    >311の津波が今まで想像してきた津波よりは怖くなかったからちょっと安心してしまった
    どんだけすごいのを想像してたんだよwとちょっとびっくりした
    でもそんな想像力あったら子供のころの絶望感すごかったんだろうな

    自分は一度低血糖で呼吸困難になって死の恐怖を感じたことがある
    (持病じゃなくて風邪による嘔吐のし過ぎ)
    一人暮らしだし体動かなくて電話もできないしで本当に死ぬんだと思った
    あの時の恐怖は忘れられない
    いつかくる死については考えないようにして適当に過ごしてるけど
    あの時感じたリアルな命の危機はきっとこれからも思い出しては怯えると思う

  31. 名無しさん : 2011/09/17 17:40:29

    733のパンダとライオンはどっちが強いのか。にちょっと和んだのは私だけ?

    私も小学生の頃から死にたかったけど、親が悲しむから一人暮らしするまで我慢しようと思ってた。
    でも、一人暮らし始めたら、自己責任で努力次第だけど、ある程度なんでもできるんだってわかったから未来が楽しみになった。
    それでも、しばらく死にたい欲求に苦しんだけど、カウンセリング受けたり色々チャレンジしてたら、結婚して子供が生まれた頃には死にたい願望は殆ど無くなった。
    死にたい願望は環境のせいってあると思う。

  32.   : 2011/09/17 20:32:49

    「10億年後には今の全てが無意味」

    ネガティブ名言集より

  33. 名無しさん : 2011/09/17 20:57:49

    そういや幼い頃の自分は死について、大してなにも感じてなかったと今気づいた
    感性豊かなのも大変なのね

  34. 名無しさん : 2011/09/17 21:58:13

    俺もこんな恐怖は感じたことないなぁ…。
    こういう話聞くと宗教って結構大事だなって思う。

  35. 名無しさん : 2011/09/17 22:39:32

    ラジオで紹介されてた死をテーマにした絵本があるんだけど、お子さんにはそういう本を一緒に読んであげたらどうだろう?
    スーザンバーレイって人の『わすれられないおくりもの』って本なんですが。
    自分はまだ読んでないので、詳しくはわからないんですけど。

  36. 名無しさん : 2011/09/18 00:07:02

    私もADD。死への恐怖は人一倍あるほうだと思うけど、それは想像力(妄想力)が人一倍あるっていうのが関係してるかな、と思う。あと、周りで誰かが亡くなったりすると、ショックをダイレクトに受ける。それで、しばらくの間はその事ばかり考えてしまったりする。同年代が亡くなった後、身内が亡くなった後は特に敏感になるのはADDない人達も同じだと思うけど、ADDあるとフィルターなしに一気にその情報が入ってきて、一気に色々考えたりするから感情的になりやすいんだと思う。

    穏やかな死 もあるんだって事を色んな形で見せてあげるといいかもしれないです。海外のドキュメンタリーとかで死期が近づいてきていても真っすぐ前を見て生きている人達とかを見せるのもいいかもしれません。(病気であまりに苦しそうだと逆効果かもしれませんが。)

    死=大きな苦痛が伴う という不安が大きいから怖いのではないかと思います。そんな「死」ばかりではないんだよ、という話をしてあげるのはどうでしょうか?

  37. 名無しさん : 2011/09/18 18:37:53

    これ思い出した
    >728さんの答えに近いかな
    http://www.1101.com/shitsumonbako/2006-08-16.html

  38. 名無しさん@ニュース2ちゃん : 2011/09/18 19:41:06

    あるある。
    ずっと長いこと死なずに済む方法を考えようとしたなあ。
    科学者になって寿命を伸ばそうとか妄想してたっけ。
    今はそんな発想を笑い飛ばしてしまいそうな自分の老いが恐怖だわ。

  39. 名無しさん@ニュース2ちゃん : 2011/09/20 00:29:32 ID: Jm1HBK8U

    これだけはどんな人でもブチ当たる壁だよね…
    昔ニュース番組とか見るの死ぬほど怖かった…
    娘さんも乗り越えられるさ、きっと。

  40. 名無しさん : 2011/09/20 08:29:39

    これはあったなー 毎晩のように恐怖してたわ
    死ぬというか、自分という存在がなくなることが想像できないのと、たった数十年しか時間が残されてないということに絶望してた

  41. 名無しさん : 2011/09/21 16:07:30 ID: g.DNYEO6

    俺は23歳になった今でも時々涙が出るわ。
    綺麗な空の青を「青」と認識できなくなる。
    冷たい氷を冷たいと認識できなくなる。
    ニスでつるつる滑る勉強机の感触が認識できなくなる。
    今ここに確かにある存在が一回消えてしまうと、何億何兆何京年たっても二度と五感を感じられなくなる。
    そう考えてると何で産まれてしまったんだと落胆する。
    だからこそ人生で妥協はしない。
    仕事にも女にも妥協するつもりはない。

  42. 名無しさん : 2011/09/22 12:39:19

    発達障害は全然関係ないような・・・

  43. 名無しさん : 2011/09/23 02:07:24

    最近人の一生の短さに対して恐怖と絶望が止まらない。
    たった後数十年で自分自身が完全に消滅するなんて怖すぎて洒落にならない。

  44. 名無しさん : 2011/09/23 21:40:50

    ※35 「わすれられないおくりもの」はいいね。
    ただ少し難しい話(死を扱っているから当たり前だけど)だから、最初は一緒に読むと良いかも。

  45. 名無しさん : 2011/09/24 19:57:57

    死にたくてしょうがなかったからそんなこと無かったなあと思ったけれど、死後の世界に興味があったのも同種だから、私も同種だったのかもしれない。
    私がいなけりゃ誰も家事しないから困るだろうみたいな動機だったっけ。

  46. 名無しさん : 2011/10/01 15:19:24

    よりにもよって浪人時に死への恐怖がやってきたなあ。
    自習してても気を抜くと恐怖に襲われて大変だった。
    今も怖いけどそこまでじゃないかも。ただ人生で後何回か同じ恐怖がやってくる気がする。
    余談だがこれがきっかけで怖い話を読み漁るようになった。幽霊いたら死後の世界あるかも!ってすがってww

  47. 名無しの萌さん : 2011/10/21 01:07:22

    俺も9歳の時あったな
    徐々に消えていくから待つしか無いんでは無いか

  48. 名無しさん@ニュース2ちゃん : 2011/10/22 18:25:13

    こういう話題で天国とか輪廻転生といった宗教の話をしたら?という話が一切出ないのって(1レスだけあったが)いい事なのか悪い事なのか・・・。

  49. 名無しさん : 2012/06/21 11:00:32 ID: fx0JHQLM

    「西の魔女が死んだ」を読ませたら良いんじゃまいか

    自分の場合、死んだ後「無」になるのが怖かった
    だから輪廻転生の話とか読んでると安心できたよ

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。