私にとってチョボ達は家族でしたが、両親にとっては家畜に過ぎなかったことが衝撃的な出来事でした

2017年12月10日 16:35

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1506413852/
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20
789 :名無しさん@おーぷん : 2017/12/09(土)14:23:34 ID:efI
私の実家は今こそアパート経営で生計を立てていますが、昔はそこそこの土地を持っていました
これは私の実家がまだ農家をやっていた頃の話
ある日、父が知り合いから烏骨鶏の受精卵を5つほど譲り受けてきました
烏骨鶏の卵は高値で売れる為、採卵目的であったと思います
大事にインキュベーター内で加温したところ3つの卵が孵化しました
ただし、父が望んでいた烏骨鶏ではなくごく一般的な白レグ(普通の鶏)でした
期待を裏切られた父がやる気をなくして飼育をやめてしまった為、
私が引き続き3羽を世話することになりました


スポンサーリンク
飼育を始めて半年が経過する頃には3羽ともわたしに懐き、
縁側でうつ伏せになって漫画を読んでいると、肩や土踏まずの上にとまるまでになりました
重いし臭うし五月蝿いしで嫌なところもありましたが、3羽とも大切な私の家族でした
ある日、私が学校から戻って庭にある飼育小屋を覗きに行くと、3羽の姿が見えません
それぞれの名前を呼びながら庭中を探しましたが見つかりません
嫌な予感がして母に鶏達を知らないかと聞きに行くと、
台所で揚げ物をしていた母は「そこにいるやろ」と振り向かないまま言いました
チョボと、ポコと、くーちゃんは、夕飯になってテーブルの上に乗っていました
夕食時、パクパクと唐揚げを平らげる両親でしたが、
私は一切箸をつけることができませんでした
食べ物を粗末にするなと父に叱られましたが、絶対に食べるものかと思いました
私にとってチョボ達は家族でしたが、
両親にとっては家畜に過ぎなかったことが衝撃的な出来事でした

790 :名無しさん@おーぷん : 2017/12/09(土)14:28:40 ID:ZLK
ガレッジセールのゴリが、
家で世話してたヤギがある日夕食の鍋になって出てきたのがトラウマで
ヤギが食べられなくなったってエピソードを食わず嫌いで話してたの思い出した

791 :名無しさん@おーぷん : 2017/12/09(土)15:29:07 ID:Id7
>>789にとっては可愛い家族だった鶏たちも、
ご両親の目には食材にしか見えていなかったんだね
ジェネレーション・ギャップによる考え方の差で仕方ない部分もあるけど、切ない…
789に可愛がってもらえて、
チョボちゃんポコちゃんくーちゃんは幸せな鳥生だったのが救いだよ


793 :名無しさん@おーぷん : 2017/12/09(土)18:20:29 ID:Tib
>>789
世話を放棄して他人に育てさせたくせに勝手に食糧にするってなんなんだろうね。
> 食べ物を粗末にするなと父に叱られました
自分がした事を棚に上げて何言ってんだろ。
余所様の親御さんだけど、ふざけんなジジイって思った。

794 :名無しさん@おーぷん : 2017/12/10(日)07:33:24 ID:adD
>>789
短い間だったかもしれないけど
チョボとポコとくーちゃんはあなたと暮らせて幸せだったと思う。
三羽と暮らしていた時の気持ちと思い出を大切にして三羽に
感謝しましょう。
三羽がどんな経緯で死んだかは些細なことです。

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2017/12/10 16:40:19 ID: M5IyhHn2

    これは辛い
    食べる為に育ててるならちゃんと子供に言えや親・・・

  2. 名無しさん : 2017/12/10 16:42:38 ID: 0IsSHPLw

    >794
    特に最後の行、頭では理解し、激しく同意するんだけど
    実際のところはペットがどういう経緯で死んだかが
    いつまでも思い出されて悲しい
    どう理論武装してもやっぱり悲しい

  3. 名無しさん : 2017/12/10 17:00:00 ID: Gij49Zvw

    食料に困ってる時の、大切な日のごちそうとしてならともかく、何でも無い日のおかずとはすくいようがないな。

  4. 名無しさん : 2017/12/10 17:00:16 ID: 5O0nEqWY

    面倒になって育てるの辞めた時点で親父の鶏肉ですら無いわな
    この話は鶏をペットと見るか食材と見るかって話じゃなくて
    自分で世話してなかった生き物を勝手に頃していいのか?って話だな

  5. 名無しさん : 2017/12/10 17:07:08 ID: y5ef6x4c

    ホラー漫画であったなー
    愛情を受けて育ったニワトリは美味しいからと言って
    主人公は他人のペットのニワトリを調理して食べちゃう
    すると食材(生き物)の最期の記憶が食べる時に脳内に
    流れてくる体質になってしまいコロされる恐怖や痛みで食事ができなくなるって奴

  6. 名無しさん : 2017/12/10 17:13:10 ID: NmNSm8/Y

    ※1
    そもそも育ててすらいない

    仮にいずれ食用に供するための家畜だとしても、世話しなきゃ死ぬ
    世話をしていた人が潰すのはわかるけれど、他人が潰しちゃダメでしょ
    中国や韓国かよ

  7. 名無しさん : 2017/12/10 17:24:17 ID: MyGiSDac

    まず、農家の常識としてペットで鶏飼う奴は居ない。
    そしてペット飼いのの常識としてペットを食う奴は居ない。
    お互いまさか常識が自分と違うなんて思いもしないとこういう悲しいことが・・・

  8. 名無しさん : 2017/12/10 17:36:39 ID: PriQXQoI

    ※7
    そうなんだよな
    飼育放棄したくせにって思うけど、農家である親の方針、感覚では
    孵った時点で潰すっていうかイラネとコストカットしたらそこまで
    誰が育てようが育ったら肥育代も掛かってるし食べるのは当たり前過ぎる当たり前という感じなんじゃなかろうか
    農家でなくとも昔の人ってそういう感覚持ってた

  9. 名無しさん : 2017/12/10 17:47:19 ID: ZU3mZL96

    ビートたけしの子供の頃のエピソードにもあったな
    泣きながら食ったそうだけど

  10. 名無しさん : 2017/12/10 17:50:29 ID: CbSOfcuo

    うちも昔鶏飼ってたけど、さすがに3匹いっぺんに
    つぶしはしなかったけどなぁ。
    それこそ羽毛以外は全部食べられると思うんだけど
    どんだけの量の唐揚げに煮物に焼き鳥、スープ諸々だったんだろ。
    あ、そういう話じゃない?

  11. 名無しさん : 2017/12/10 17:50:50 ID: A6A7RbtM

    母親のペットの豚を料理して母親に食べさせた映画あったなぁ

  12. 名無しさん : 2017/12/10 17:50:55 ID: KGeFaUd6

    採卵用の鶏で数年経った後だったけど似たような経験あるので衝撃はわかるわ
    頼まれて祖父母宅用にひよこ→成鳥まで育てて渡し、その後も見守っていたけど
    ある日鶏小屋が空になってて聞いたら「卵生まなくなってきたから潰したよ~」ってさ
    今になれば家禽ってそういうものだったって思うけど
    お花畑に住んでいた子供には衝撃だったわ
    ちなみに祖父母宅は寺で農家ではないので鶏も自宅〆ではなくて檀家の農家さんが引き取りだったけど

  13. 名無しさん : 2017/12/10 17:54:46 ID: OrWGIb1s

    ※11
    食堂かたつむり?
    あれなら原作しか読んだことないけど、母親の遺言で母親の葬式に来た人に振る舞うって話じゃなかった?

  14. 名無しさん : 2017/12/10 17:58:44 ID: SxF1Sirg

    子供の言う「世話した」なんて餌やりレベルだろ
    最初からペットじゃなかっただけだし、投稿者の鶏じゃなくて親の鶏だからね

  15. 名無しさん : 2017/12/10 18:10:23 ID: SF14UqGk

    友人の田舎に泊まりに行った時、友人の祖父母が烏骨鶏飼ってて
    数日餌あげしてて可愛いなと思ったら
    帰る前日、気を使って潰し鍋で振舞ってくれた苦い思い出が。
    年配や農家の常識だろうしね。

  16. 名無しさん : 2017/12/10 18:55:26 ID: yuPaVXss

    終戦間もない頃の設定の初期のサザエさんのネタにもあったな。

    ある日マスオさんが会社から帰宅したら家の中で鶏のすき焼きの匂いがするので「今日はご馳走だな♪」と浮かれながら着替えて他のみんなが揃ってる食卓の輪の中に入った。でも、サザエさん含む他の家族は皆お通夜みたいな表情をしながら鍋をつついているのでマスオさんが「何で皆そんなに神妙な顔してるんだい?」と聞いた所、ワカメちゃんが代表で答えてくれた。その返事は「うちのニワトリ絞めたの(注釈:うちで飼ってた鶏を絞め殺して今この鍋にして食べてるの)」と言う内容。で、その4コマのオチは「マスオさんもその神妙なお通夜のような雰囲気の中で鍋をつつく家族の輪の中に入って仲間入り。誰のセリフも無くて、静まり返った場所の効果音の『シーン…』と言う文字のみが入る絵ヅラ」となっていた。

    両親(それぞれ昭和10年代生まれ)に聞いたが、戦後すぐはそれが当たり前の光景だったらしい。それが、飼っていた動物が兎だったり犬だったり馬だったりと言う違いは微妙にあったらしいが、その違い以外はどこも同じ思いをさせられたとか聞いたよ…。

  17. 名無しさん : 2017/12/10 18:57:32 ID: FcIv5cUg

    三羽いっぺんってどんだけ大食漢なんだ。捌くの大変だから一気にやっちゃえだったのかな?
    子どもからの不信感も考えられないとか。さすが飼育を投げて子ども押し付けるクズ親だな。

  18. 名無しさん : 2017/12/10 20:01:39 ID: 1h0J0kR6

    食うなら食うもんとして飼い始めないといかんわ。

  19. 名無しさん : 2017/12/10 20:43:09 ID: LTRkL36k

    田舎あるある話と思って読んでコメみたらみんな真面目すぎて引いた

  20. 名無しさん : 2017/12/10 20:52:00 ID: GEJskIek

    チョボって誤字かと思ったら名前だったのか。

  21. 名無しさん : 2017/12/10 20:57:29 ID: SjxAKFw.

    烏骨鶏と白レグの受精卵を間違えましたー て嘘臭過ぎるわ

  22. 名無しさん : 2017/12/10 21:52:44 ID: LOC3oAc2

    実家で食道楽の父が、鶏飼ってて、従兄達が帰ってきた時はしめてたな。それか卵産まなくなった時。
    幼稚園児の頃から血抜きする為に、ミカンの木にぶら下がってる鶏見てた。つか、父ちゃん、わざわざ呼ぶんだけどねw鶏しめるぞーって。スズメも取って焼いて食べさせてくれたなぁ・・・・
    ニワトリさん可哀想って言いながら、美味しく戴いてた幼稚園児の私は図太いなって今でも笑える。食ってるじゃんwwwって。

    報告者は自分で世話してたから哀しかっただろうね。

  23. ななし : 2017/12/10 21:54:45 ID: F9nfgs0A

    親「食べる為に育ててたんじゃないの!?」

  24. 名無しさん : 2017/12/10 22:13:54 ID: xLOTD7co

    母親を殺して父親に食べさせてやりたいな

  25. 名無しさん : 2017/12/10 22:33:33 ID: 1W4Osr2k

    半年もたったら硬くてまずい(1か月ごろが食べ頃)
    にわとり3羽っていっぺんに食べるには多すぎるよ
    鳥もも6枚以上だよ?何人家族だよ・・・

  26. 名無しさん : 2017/12/10 23:33:24 ID: 4v5ohpHY

    新感線の古田新太の家のエピソードにも有ったな
    縁日のカラーヒヨコだった記憶だけど

  27. 名無しさん : 2017/12/10 23:40:43 ID: pw7.1jJI

    まぁでも昔の田舎で育ったうちの親父殿はそれで鶏肉食べられないしよくあるんじゃないかな

  28. 名無しさん : 2017/12/11 00:44:44 ID: gwpCBPsk

    全部ネタだとは思わないけど、白色レグホンの雄鶏を一度に3羽もつぶしたら
    肉が結構な量になるんじゃ?
    白色レグホンってかなり大きいのに
    農家と書いてあるから当時は大家族だったとかかな

  29. 名無しさん : 2017/12/11 02:38:32 ID: x7PG7VTA

    田舎の農家のジジババあるあるだよな。
    そもそも動物に対しての価値観が違う。動物の命はめちゃくちゃ軽い。
    別に食ったりしない犬や猫ですらかなり雑に扱うよ。
    婆さんが猫の食器に向かって、まだ猫もそこにいるのに殺虫剤を大量にぶっかけてたことがあって驚いたわ。
    「虫が湧くから殺虫剤撒いた」としれっと言ってた。

  30. 名無しさん : 2017/12/11 03:06:35 ID: uO9327VU

    大学で農学部の先輩が言ってたが「実習で牛や鶏を丹精込めて育てる。もちろん名前も付けて子供のころから一生懸命育てる。そしてさばいて食べて味を確かめる。それがうちらの学問や。」だってさ。
    なんか「エリザベス(鶏)ちょっと肉固いな」「太郎(豚)は脂がのってるな」とか言いながら味見するらしい。
    そんな話を思い出した。

    ※25、28
    現代には冷凍庫という文明の利器があってだな…。
    農家なら結構でかいの持ってるのは割と普通。
    あと親鶏は肉が固いが煮込むとうまみが濃く出る。たまにスーパーに並んでるとあえて買ってみたりする。

  31. 名無しさん : 2017/12/11 08:43:17 ID: /I8MSBwk

    北野武の生い立ちを書いたドラマ番組で、これにソックリなエピソードがあったなぁ

    確か幼少期のエピ。武の姉さんが可愛がっていた鶏が無断で…。それを完成後に知った
    姉さんは泣きながら食べたとかいう…

  32. 名無しさん : 2017/12/11 09:03:05 ID: JFO0jt3g

    アホかあ。餌代もバカにならんし五月蝿いし糞の始末も手がかかるし、潰して食うに決まってんだろ。
    ニワトリだよ?
    潰したら食べろよ勿体無いな。
    命を頂いてるんだぞ。残さず食べるが供養、ってジイさんが言ってたぞ。

  33. 名無しさん : 2017/12/11 09:21:46 ID: H9Or1ttM

    昔の、特に田舎の人は愛玩動物って感覚がない人が多いから仕方ないよ
    畜生は人間の役に立って当たり前、立たないものはみんな人間がころしていいものくらいに思ってる

  34. 名無しさん : 2017/12/11 09:48:34 ID: ioJo6NAw

    ※30
    農業高校は名前付けないっぽいなあ
    近く(内地)の高校の文化祭の豚舎の説明文、種豚には名前あったけど子豚のとこは
    「○○と××の子供たちです!来年の春お肉になります☆」って書いてあって、お、おぅ…ってなった

  35. 名無しさん : 2017/12/11 11:52:33 ID: l25dDZek

    ※30
    それ嘘でしょw
    大学の農学部畜産科の実験動物やらには名前を付けないよ。
    1号、2号、みたいに呼んでいる。
    解剖実習の後は、皆で美味しくいただくそうだけど。

  36. 名無しさん : 2017/12/11 12:20:56 ID: XgRzbOzU

    毎朝卵産んでくれたなら少しは寿命のびたかな
    子供がどんな気持ちで世話をしていたかも察しないワイルドな親元で育ったんだね

    昔は祭りなど御馳走の日は新鮮なカシワのすき焼きだったな あの味苦手だ

  37. 名無しさん : 2017/12/11 14:57:11 ID: l3EzQ3AY

    ああ、チャボにチョボって名前付けたんか
    方言かなんかかと思ってた

  38. 名無しさん : 2017/12/11 17:16:36 ID: SOgw1WWo

    ※37
    チャボじゃなくて烏骨鶏じゃないの?

  39. 名無しさん : 2018/03/25 17:19:22 ID: 3GrmDryU

    白色レグホンって書いてあるやん
    ちゃんと読みなさいな

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。