「自分はもう跡取りを産むのを望めないから男の子と取り替えたい」

2012年07月15日 12:35

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1341043062/
52 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/07/03(火) 10:10:27.74 ID:LMXEAIz3
それじゃ、「旦那(彼氏)ハァハァ」とかいう話じゃなくて、昔の田舎の地味な実話
登場人物はほぼ亡くなっているくらい昔、時代的には太平洋戦争より前

とある子供が3人の夫婦(男2人に女1人で、当時としては少ない方)の親戚に女の子が産まれたが、
母親の体調が優れず、乳も出ない
たまたま子が少なく、且つ乳が沢山出た夫婦の所に、赤ん坊は預けられることになった
2年経ち、3年経っても、父親がたまに顔を見にくるくらいでその子は預けられた家で育つ
昔の田舎だから大らかなもので、籍だけは本当の親の所だけど、
特に養育費とかの取り決めもなく、「1人や2人増えても一緒」みたいな感じだったらしい
さて、その子が就学年齢になり、親元に返すか否かということになり、
両親揃って家にやってきて話し合いをしたが、養い親の方は情がわきまくりで
余り返すことに熱心ではなく、実両親の方も「まぁ引き取らなきゃおかしいだろうけど…」くらいの感じ
肝心の女の子も、実両親には懐かず、よそよそしい
かえって一緒に育った末の男の子の方が性格的なものもあって、物怖じせずに、親戚にはしゃいでいる
すると女の子の母親が「だったらあっち(男の子)の方がいい」と言い出した
「我が子とはいえ、情はないし可愛くもない、自分はもう跡取りを産むのを望めないかもしれないし、
どうせなら男の子と取り替えたい、お宅はもう一人、男の子がいるんだからいいじゃないか」という主張
ちなみに父親の方は入り婿ということもあって空気

入らないから切る

スポンサーリンク
53 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/07/03(火) 10:19:14.01 ID:LMXEAIz3
当然受け入れられずに交渉は決裂、女の子もそのままで両親は帰っていったが、
母親はちょっと精神的におかしくなってたのか、「私の子供を返して貰えない、人攫いだ」
と周りに吹聴して歩いた
しかし、その「子供」というのは産んだ我が子ではなく、預けた家の末の息子だったそうで、
事情を知っている周りの人はただ宥めるだけだったという
時々、預けた家にも「息子を返せ」ということもあったらしいが、
寝付きがちだったこともあり、実力行使まではなく、どんどん年月は経ち、
女の子は預けられた家から普通にお嫁にいったそうな
女の子の母親は、お嫁にゆく少し前くらいに亡くなったらしい

この話は祖母から聞いた話で、祖母は預かった家の長女
一度、弟と妹(預かり子)を連れている時に、件の母親と会ってしまい、
こっちに向かって来たので、心臓の飛び出る思いで二人を引っ張り、必死で逃げたことがあったそうだ
弟(妹)を取られる!という思いからか、髪は乱れ、目は爛々として、
まるで山姥のように恐ろしく見えたんだと言う
ちなみに妹は可愛かったらしいが、預かり子ということで逆に大事にされ、
汚れ仕事はさせない、上の学校まできちんと出すという違いが羨ましかったそう
あまり裕福な家ではなかったから、自分はよそから回ってきた継ぎ当てのある服を着てても
妹は新しい服を着てたのが「そんなもんか」と思いながらも羨ましかったとか
養育費、教育費なんかは貰ってない、男の子クレからは付き合い自体がなかったみたいだから、
半分は意地もあったのかなという話

わかりにくい&地味過ぎたらすまないw

56 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/07/03(火) 11:47:25.59 ID:rYciRESQ
>>52-53
昭和の頃は圧倒的に 男児>>>>女児 だったとはいえ
何とも気持ちの悪い話だな

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2012/07/15 12:57:23 ID: jFIved02

    横溝正史にありそうだな。

  2. 名無しさん : 2012/07/15 13:04:28 ID: Kj1Q4Gfc

    村の権力者の家だったら実力行使で男の子奪って
    預かり家を村八分とかやりそうだったのに運が良かったのか

  3. 名無しさん : 2012/07/15 13:09:02 ID: 3RpHnDAM

    次郎物語かとオモタ。

  4. 名無しさん : 2012/07/15 13:43:11 ID: EyAmI7Gg

    ばあちゃん切ねぇな

  5. 名無しさん : 2012/07/15 13:43:28 ID: EyAmI7Gg

    自分も次郎物語思い出した

  6. 名無しさん : 2012/07/15 13:48:20 ID: x3SGx8W2

    ※2
    権力者の家だったら男産まないとダメだからそれはないだろ

  7. 名無しさん : 2012/07/15 14:26:27 ID: KzHuPxTc

    米4
    ほんと
    ばあちゃんがけなげでせつねえ

  8. 名無しさん : 2012/07/15 14:28:44 ID: n.H7Fv.w

    ※1
    金田一耕助が戦前から活動している設定だから時代的にもマッチしているなw
    祖母の語った忌まわしい情念が巻き起こした騒動…

  9. 名無しさん : 2012/07/15 15:22:06 ID: PvGyCHis

    >ちなみに妹は可愛かったらしいが、預かり子ということで逆に大事にされ、
    >汚れ仕事はさせない、上の学校まできちんと出すという違いが羨ましかったそう

    うちもそんな感じだったらしい。爺ちゃんの弟の娘を預かり育てていて、
    オレのお母ん(末っ子)は羨ましくて仕方なかったそうだ。
    ちなみに5人姉弟(女4男1)+その人。

    その爺ちゃんの弟はすでに亡くなっていて娘に多少の財産も残していたそうだが、
    それには一切手を付けさせず、学費から何から爺ちゃんが全部出していたそうな。

  10. 名無しさん : 2012/07/15 15:22:51 ID: 9wVEGFQg

    夫も生まれたとき取り換え依頼があったそうだ
    同時期に本家跡取り(由緒正しい寺)のうちに女の子が産まれて、
    今なら誰にも分からないと札束積まれたと言ってた

  11. 名無しさん : 2012/07/15 15:50:07 ID: uuLhEANs

    ※1
    同じこと思ったw
    時代も合うし、血縁がらみのあれやこれやがそれっぽいよね。

  12. 名無しさん : 2012/07/15 16:26:18 ID: b0WUAaWg

    ※2
    有力者の家だったら、そもそも余所の家に子供預けないよ

  13. 名無しさん : 2012/07/15 16:29:26 ID: KNkbsf9U

    ※10
    自営業の家が、実子(娘が一人のみ)がいるのに
    「女では跡取りにはなれないから」と養子(男)
    を貰った。が、成人した実子が同業者の男と結婚
    し、孫(男)が生まれた途端、まだ未成年だった
    養子をポイ捨て、という実話を知っている。

    追い詰められると、娘でも同業者から婿を貰えばいい、
    という発想が湧かないものなのかな? 同業者の婿が
    無理なら、男孫の誕生に賭ける、とかさ。

  14. 名無しさん : 2012/07/15 17:01:39 ID: i4z8uvDY

    養い親いい親だな

  15. 名無しさん : 2012/07/15 17:10:25 ID: FdES9D4w

    昔は生まれないとわからなかったからね

  16. 名無しさん : 2012/07/15 18:04:13 ID: 78aDJ/iI

    まぁ、うちの親戚でも、母方で子供のいない家に籍だけ養子にいって、育ったのは実家(子供は4人で次男が養子にいった)とかって従兄弟がいるし、反対に、父方の方で、養子にする前提で子供のいない親戚の家に三男が行って(男3兄弟)養家で育ったけど、実際の籍は成人した時に本人の意思を確認してから養子縁組したとかあるからなぁ。
    知人にも、結婚したらご主人が子供の無い叔母の養子にいく事になって夫婦養子になったとかあるし、今でもある年代以上(自分は40代で上記の養子の話しもみんな40代)はそう珍しくないのでは?
    親の世代だと、本当に当たり前のようにあるし。
    ちなみに田舎でも農家でもない。

  17. 名無しさん : 2012/07/15 22:23:32 ID: yamvOnMw

    長女がかわいそうだ。せめて養育費貰えてたらいいのに

  18. 名無しさん : 2012/07/15 22:38:05 ID: 452ASzSE

    昭和の最初と最後じゃ文明レベルに雲泥の差があるのだが…
    祖母が子供の頃なんていうと、下手したら大正の可能性まであるぞ。

  19. 名無しさん : 2012/07/15 23:36:59 ID: 6c90Ikhg

    ※10
    寺ってやっぱり跡取り問題大変だったんだな(今もか?)
    知人からの又聞き。
    とある寺の住職には娘2人しかいなくて婿をとらなきゃならない状況だったんだが、年頃になった姉娘が親の決めた婿(婿候補もどっかの若い坊さんだったとか)と結婚させられるのが嫌で、当時隠れて付き合っていた彼氏と駆け落ちしようと深夜に自室の窓から逃走を図る。
    それに気付いたこれまた年頃の妹娘が「先に逃げるなんて卑怯者!」とばかりに大声を上げて逃走を阻止…なんて修羅場があったとか(姉がいなくなったら自分が跡取り娘として婿取りしなきゃならなくなるからね)。
    そんな感じで何度か姉妹で足の引っ張り合いをしていたみたい。
    既に2人共40代半ばになってるはずだけど、結局どうなったんだろう…。
    スレ違いのコメですまん。ふと思い出したもので。

  20. 名無しさん : 2012/07/16 08:27:05 ID: PTHCueXQ

    ※19
    力を合わせて逃げりゃいいのにねえ…

  21. 名無しさん : 2012/07/16 09:08:12 ID: 9wVEGFQg

    ※13※19
    伝聞だけど、尼さんじゃダメらしくって
    男子がいないと本山から人が来て、寺を最後は取られるとか何とか。

    本当ならそれに備えて、後継ぎ以外にも兄弟を一人いざという時用に
    仏教の大学に入れてスペアにしておくんだけど
    亡くなってしまっていて、本家は3人連続で女の子が産まれたから
    後がなかったからじゃないかと言われた。

    結局4人目も女の子で、※19さんのように修行名目で若い僧を同居させて
    様子を見て、3人目の僧でやっと娘さんと結婚させてたよ。

    たまに行くけど、席順も血筋が本家に近い順で男子からなんだよね
    年長者とか全く関係なし。

    広い駐車場があって不労所得も多いらしいので
    夫はあの時変わってりゃな~って言ってるw
    お義父さんお義母さ~ん!

  22. 名無しさん : 2012/07/16 19:50:21 ID: N6X8dlgE

    その時分の話で、双方親戚なら、ちゃんと手順を踏めば養子縁組できただろうに。

  23. 名無しさん : 2013/01/23 16:05:08 ID: aWNVij4k

    太平洋戦争より前の時代なら法的手続きはあまり重視しなかったと思われ

  24. 名無しさん : 2013/02/02 17:31:43 ID: osMN4.P6

    終戦から20年ほど後の話だけど、双子の姉として生まれた知人は、子供のなかった分家に養女に出されたそうだ。なぜ姉を出したのかと聞くと、昔は先に生まれた子がお腹の中では下だったからという理屈らしい。もらわれた家では大切にされていたらしいが、弟(養家の実子)の友人から、「お前の家じゃないんだから出て行け」と言われて憤慨したことがあったと話していた。今40代くらいの人だけど。わりと最近まで似た話はあるのかもね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。