うちは貧乏なんかじゃなかった。じゃあなんであんなにお金に困っていたのか

2019年02月11日 22:35

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1425262989/
☆★☆ カレンダーの裏@家庭板 ☆★☆
285 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:21:39
コソーっと書き捨てます。
※凄い長文注意

子供の頃、うちは貧乏だと思っていた。
私が小学校にあがる頃まで風呂は薪で沸かしていたし、
その後ガスに替えても当然シャワーはない。
体を洗うための石鹸と家族共有のジャンプーはかろうじてあったけれど、リンスや洗顔料などはない。
掃除機もなく、洗濯機はたびたび止まる年代物だった。
靴下は穴が開いたら自分で縫い閉じていた。
服は父方の親戚からもらうお下がりを着ていた。
下着だけは母が新品を買ってくれたが、それもそこらじゅうがほつれるまで使っていた。
中学生になってよりいっそう、うちは貧乏なんだと思うようになった。
ただ、中学校は制服だったから
毎日着る服をなんとか工夫しなきゃという気苦労がなくなって安心した。

スポンサーリンク
286 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:22:10
周りと比べて不幸だと感じなかったのは、
せめて不潔にならないようにと母が気遣ってくれたからだと思う。
着古したボロを着ていても臭くなく汚れてもいなかったから、いじめられることもなかった。
常に一緒にいるような仲の良い友達はいなかったけど、
校外でも遊ぶ仲間は何人かいて楽しく過ごしていた。
でも小学六年生のとき、今でもたまに夢に見るある出来事があった。
近所の子の誕生日会に初お呼ばれしたことがきっかけだった。
プレゼントを用意しなきゃならないのに、家には人様にあげられるような物はなかった。
そこで私は母に相談して、二人で知恵を絞った。
最終的に用意できたものは、以前頂き物として和菓子が入っていた綺麗な箱。
そこに親戚からもらった大きなリンゴを一つ入れる。
そして、やはりなんらかの頂き物にかかっていたリボンを結んだ。
お誕生日会が開かれる日曜日、私はそれを持って家を出た。
そこで、同じようにお呼ばれした同級生に会う。
彼女は私に「プレゼント何にした?わたしは○○(キャラクター)のレターセットとシャーペン」と言った。
「私はリンゴ」とは言えなかった。
でもそれはリンゴが恥ずかしいという感情からじゃなかった。そこまで追いついてなかった。
他の子が用意した物がなんなのか聞いて、なんとなく「リンゴじゃダメな気がする」と思ったからだった。
咄嗟に箱を後ろ手に隠し「ゴメン、行けなくなっちゃった」と伝え、走って帰宅した。

287 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:22:43
今出かけたばかりの娘がすぐに戻ってきたことに母は驚き「どうしたの?忘れ物?」と訊ねる。
私は正直に「リンゴをプレゼントとしてあげるのはおかしくないの?普通なの?」と聞いた。
すると母はハッとした顔をして「そっか…」と、招いてくれた子の家に電話して欠席することを伝えた。
「今日は○○子、朝から熱っぽくて…呼んでくれてありがとう。ごめんね」と。
電話を切ると私に向き直って「今そこで友達と話してたみたいだけど、なにかあった?」と聞く。
声は聞こえないまでも、茶の間の窓からその様子を見ていたそうだ。
やりとりしたことをそのまま伝えると「そっか、そうだよね、ごめんね」と謝られた。
母が悪いわけではないので、どう返せばいいのかわからず私も「ごめん」と答えた。
それから二人で少し黙り込んだあと改めて、
このプレゼントは違うんじゃないかと思ったんだけどお母さんはどう思うか聞いてみた。
母は「そうだね、ふさわしいものではないね、ごめんね」と再び謝った。

288 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:23:08
そんなことがあった翌月の始め、今度は私の誕生日だった。
あれからも友人達は変わらず付き合ってくれていて、
お誕生会に行けなかったことも「気にしないで!」と許してくれて。
そして私の誕生日当日、その日は平日だったんだけど
放課後になって友人四人がうちを訪ねてきた。
例のお誕生会のメンバーだった。
みんなの手にはきれいに包装されリボンのかかったプレゼントがあった。
「せーの、誕生日おめでとう!」そう言って渡してくれた。
ポカンとする私に彼女達は「これは○○のノートだよ」「こっちは△のシールセットと消しゴム」
と説明してくれる。
私は嬉しくて泣いた。
ありがとうありがとうと繰り返す私に、
一人の子が「気にしないで!かわいそうな子に優しくするのは当たり前だよ!」と言った。
そして、じゃあまた明日と手を振り笑顔で帰って行った。
私はやっぱりそれでも嬉しいんだけど、なにかそれとは違う感情も湧いていた。
涙が止まらなくて、でももうすぐ母が帰ってくるからそれまでに泣きやまなきゃと必死だった。
今思えばあの感情は惨めさだったんだと思う。
帰宅した母に事の次第を話しながらもらったプレゼントを見せた。
かわいそうな子のくだりと、泣いたことは言わなかったけど母はなんとなく察したんだと思う。
「良かったね、ごめんね」と涙目で私の頭を撫でた。
その頃には、私は母の背を追い越していて、よしよしなんてされるのは久しぶりだった。
なんだか切なくなってまた涙が出そうで、犬の散歩を口実に外へ出た。
もさもさ長毛の雑種犬だったけど、彼は賢くて、普段は猛ダッシュするのに
私の様子がおかしいときは隣を歩いてくれるいいヤツだった。

289 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:23:56
プレゼントをもらったことは、父にもその日の夜のうちに報告していた。興味なさげにしていた。
でも翌朝起きるといきなりゲンコツされ叱られた。何か言っていたけど覚えていない。
父は虫の居所が悪いとしょっちゅう私にゲンコツするので、
痛かったけど理由を考えても意味がなかった。
その一部始終を見ていた母が溜め息をついて「バカだね、余計なことを…早く支度しなさい」と呟く。
母は私に対して言ったのに、その言葉に父が反応して、怒り声で何か言う。
何と言っていたかは覚えていない。
こういう両親のやり取りは日常茶飯事で、派手な喧嘩にこそならないけれど、
家庭内の雰囲気はいつも悪かった。
今回の件に限らず、家の中にいつも雨雲があるような、もやがかかったように見通しが悪いというか。
母が前日とは別人にみえるほど私に対する態度が違ったりすることもよくあった。
父は父で気が向くと私と弟を猫っかわいがりした。
気が向くとというより、家族以外の他者の目があると、と言った方が正しいかもしれない。
親類や近所の人たちはうちのことを『優しい父と、厳しい母。鈍い姉と出来のいい弟』と認識していた。
というか、当時の私はそういうふうに思われているんだろうなという感覚で過ごしていた。
祖父と祖母も同居していて六人家族で、食事もたいてい皆一緒、
傍から見たら一家団欒仲良し家族だったのかもしれない。

290 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:24:17
祖父母は農業をしていた。
祖父は若い頃の出稼ぎでそれ以外の仕事もしたことがある。
けれど祖母は、幼い弟妹の面倒をみなければならないこともあり
外で働いて賃金を得るという経験がない。
祖父はやさしかった。無口で無骨なひとだったけれど、一貫してやさしかった。
土曜日半ドンだった小学生の私と弟にお昼ご飯を用意してくれ、
一緒にテレビの相撲を見ながら笑い合ったりした。
祖母は弟が生まれるまでは私を連れて出かけてくれたりした。
ただ、長じてから知ったことだけれど、行き先は某宗教の会合だった。
弟が生まれるとそれもなくなり、かといって弟を連れて行くということはなく、
出かけて行ってはお土産を弟だけに買ってきた。
私はそれを特に不思議には思わなかった。
弟が生まれるまでの数年間面倒みてあげたという祖母の言葉に、
幼いながらも「それもそうだ」と納得していた。
ちょうど保育園に入る年だったのもあったかもしれない。
物心ついたころから両親は日中仕事で家にいなかったから、
私たち姉弟はおじいちゃん子おばあちゃん子だったと思う。
でも祖母に食事を作ってもらった記憶がなくて、大人になってから
ふとそれを母にこぼすとそれは事実だよと言われた。
母が嫁入りしてから一切の家事は母が一人でやっていたそうだ。
私が子供のお手伝いではなく戦力になるまで、フルタイムで働きながら全てを。
それに加えて農業も、祖父母の通院の送迎も。
そのころ、母には余裕なんてものはひとかけらもなかった。
労わって言葉をかけてくれたのは祖父だけだったと、
祖父の通夜があった日の深夜、母はひとり遺体の前で呟き泣いていた。
その姿をたまたま見かけた私は当時大学生で、母に対しとても申し訳なく思った記憶がある。

291 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:24:40
話が逸れてしまったけれど、高校生になってもうちは貧乏だと思っていた。
だから入学してすぐにバイトを始めた。
学校と親の許可が必要で、学校には「家が貧しい。弟もいるので働きたい」と伝えた。
公立の私服高だったため、毎日着る服を買うお金を稼がないといけなかった。
両親は、何かしら運動部にも入りなさいということと、
あまり派手な格好をするなよとだけ言い署名してくれた。
部活は5月の連休明けに本決定でよかったので、それまではバイトに慣れることを優先した。
最初のバイト代が入るまでが大変だった。
なにせ中学時代は外出時制服か体操着しか着てなかったから、
小6の頃着ていた服を引っ張り出した。
当然着られるわけもなく。
入学式用に買ってもらったスーツがあったけれど、
それは卒業式にも着るんだから普段着てはいけないと言われた。
困った私は隣の町に住む十歳ほど年上の従姉妹(父の姉の娘さん)に泣きついた。
お下がりがほしい、と。
すると複雑そうな、表現しがたい表情で
「おじさんおばさん(私の父と母)には内緒ね」といって、
地味目のものを紙袋いっぱいに渡してくれた。
本来なら内緒と言われたからって両親に言うべきなんだろうけれど、私は黙っていた。
でも当然のことながらすぐに両親は気付くわけで。
「従姉妹にお礼渡したからもういい。でも今後はそんな恥ずかしいことをするな」
と小学校卒業以来ごぶさただったゲンコツをもらった。
着ていく服がなく、何度見てもないものはないのに、
タンスを繰り返し開け閉めするという夢を未だに見る。
夢の中でいいかんじの服を見つけても、手に取るとそれはただのボロ布だったり、
虫の卵のようなものがびっしり付いていたり。
現実ではそこまでではなかったはずだけど、脳みそは不思議な変換をするね。

292 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:24:57
従姉妹に助けてもらって、通学の服はなんとかなった。
ただ、体操着もジャージのみ指定で他は自由、
私には体育のときに着る真っ白なTシャツと黒か紺の短パンがなかった。
中学の体操着は元々お古で着古しすぎて黄ばんでおり、
脇の下も何度かほつれを縫ったあとがある代物だった。下はブルマの時代。
これは盲点だった。初めての体育がある日の前日、私はかなり焦っていた。
自分で買うお金はない。
もう従姉妹に迷惑はかけられないと思い、
学校の公衆電話から母の職場に電話してTシャツと短パンを買ってきてほしいと頼んだ。
といっても母に直接言えたわけではなく、電話を受けた事務のお姉さんに言づてをお願いした。
バイトを終え帰宅するとすでに両親は家にいた。
そしてTシャツと紺色の短パンを差し出してきた。「お父さんのがあるから」と言いながら。
顔の前に突きつけられたそれを手に取ると、Tシャツは確かにTシャツなんだけど、
うっすら黄ばんでいて生地もパサパサしていた。
短パンは男性用なので前が開いていた。

293 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:25:17
どうしてなのかは未だにわからない。
でもこのとき私は生まれて初めて目が覚めたような感覚を覚えた。
ずっともやがかかって視界不良だった家がよく見えた。
『この家は何かがおかしい』と、はっきり思った。
けれど『何かが』と思っただけで具体的にはわからない、何をどうすればいいのかまで思い至らない。
フリーズしている私をじっと見つめていた母に、ありがとうと言って自室に戻る。
築百年近い家は無駄に部屋数があり、二階の一番奥が私の部屋だった。
中学にあがるまで、そこは一体何が詰め込まれているのかわからない十畳もある物置だった。
真っ暗で窓もなかったそこを、父が壁をぶち抜いて窓を作り、合板で二部屋に分け私と弟に与えた。
その夜、私は裁縫セットを引っ張り出して、短パンの前部分を縫い合わせた。
よくわからない涙がでた。
その後、初のバイト代を貰ったその足で私は真っ先にTシャツと短パンを買った。
当時は現金支給だったので嬉しくて嬉しくて、家族にも喜んでほしくてケーキも買った。
バイト代はかなり減ってしまったけれど、洋服は従姉妹にもらったものがあるし問題ないと思った。

294 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:25:37
ゴールデンウィーク明け、ある運動部に入った。
なるべく自前の用具が必要ないところを選んだ。
ところが、学年ごとに部活用のジャージを注文・購入しなければならないと言われる。
価格は残りのバイト代でぎりぎりなんとかなった。
それを母に伝えると「それくらい出してあげるのに」と言われる。
千円しないTシャツを買ってくれないのに、
一万円以上するジャージは買うと言う母の言葉に私は少し戸惑った。
でもこういうこともよくあった。母の中では矛盾じゃない。
素直に受け取ってお礼を言った。なぜかそのジャージは今もとってある。

295 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:25:57
母はヒステリックではないけれど、
前述したようにたまに昨日とは別人なんじゃないか?と思うことがよくあった。
大人になって私自身も娘を持った。進学の為離れて暮らしているけれど、その娘もこの春就職する。
つまり私は現在いい年のおばさんで、
母がする昔話を自分のこととしてというより物語のように聞ける心境になっていた。
母は、自分の情緒がおかしかったことを自覚していた。
言ってることが昨日と今日で違うことも、子供達が戸惑っていることも、頭ではわかっていたそうだ。
だけどとにかく余裕がなかった、と。そして昔話をするたび私に謝る。
父も健在で、性格はあまり変わらないけれど、
私が二十歳を過ぎて遅い反抗期を迎えたとき一度喧嘩してからキィキィ言うことは少なくなった。
でもそれよりも十年以上前に祖母が他界したことが、父にとっては転換期になったように思う。
父は子供の頃から母である祖母にほとんど叱られることなく育ったのだという。
祖母は昔から、誰彼かまわず息子の自慢をする人だった。
私にもそう言って聞かせていた。「お父さんは立派な人だ、偉いんだ」って。
そうなのか、と思いながらも父との良い思い出がほぼ無いに等しい私は納得出来ない気持ちもあった。

296 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:26:13
そして昨年末に母から衝撃的な昔語りを聞くことになる。
父は普通に真面目に勤めていたので給料もボーナスも人並みにはもらっていたそうだ。
けれどその半分を祖母に渡し、半分はすべて自分の小遣いだった。
母が私の娘の子守をしてくれるようになるまでの二十数年間、
うちの生活費は母の稼ぎから出ていたのだという。
私が学生時代どんなにバイトで稼いでも、それを寄越せと言ったことはなかった。
母は自分が出すのが当たり前と思っていたそうだ。そういうものなんだ、と。
私に話して聞かせたときも、本当に何気なくて、ひとつも疑問に思っていなかった。
私は文字通り、開いた口がふさがらずしばし呆然としていた。
まず最初に思ったのは「うちは貧乏なんかじゃなかった」だった。
それから「じゃあなんであんなにお金に困っていたのか」と思った。
結論をいうと、祖母に渡したお金はほぼ宗教団体に貢がれていた。
でも、少ないながらも年金は満額貯金していたので、家を建て替えるとなったとき祖母が百万円出した。
ばあちゃんに感謝しろよと父に言われ、お父さんに感謝しなさいと祖母に言われ、私は素直に感謝した。
その頃祖父は既に他界していたので、祖父の財産も祖母は持っていたはずなんだけれど、
それもおそらく宗教に消えたのだろう。
祖母が亡くなったとき、通帳には直近の年金分だけ、他にタンス貯金が数万円見つかったそうだ。
借金がなかったことを幸いだと思うしかなかったと母は言った。

297 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:26:38
現在も父は母に対して怒り声で対応する場面が多々ある。
普通の会話で母が聞き返しただけでもそうなる。
そしてたまに思い出したように、自分の母親(祖母)の思い出話をする。
子供時代のことが多いらしい。
「あの頃は大変だったけど、かーちゃん(祖母)はばーちゃん(曾祖母)にいびられながらよくやった」と。
ちなみに祖母は、思ったことを言わずにいられない性格で、且つ意地悪なところがあった。
だから当然母は嫁いびりに遭っていた。父には見えていなかったか見て見ぬふりをしたんだろうけれど。
そんなこともあったので、私は祖母が好きではなかった。
私の気持ちはともかく、母は怒っていい。
父はたびたび「おれがきちんと貯金したおかげで今があるんだぞ」と母に言うそうだ。
私もたまに言われていた。「おれは無駄使いしないから金があるんだ」と。
それに対して私は適当に相槌を打っていたけれど、母は反論していいと思う。
あなたがお金を貯められたのは私が生活費を出していたからだ、と。
あなたは一円たりとも家にお金を入れたことは無い、と言っていい。
父に祖母自慢とお金の話をされると腹が立つと母は言う。
ならそのとき、今度そういう話をされたら言えばいいよと伝えた。
言える日が来るかはわからない。母が言う前に私が言ってしまうかもしれない。

298 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:26:54
母から聞いたことをどんなに考えても腑に落ちないし、惨めだった思い出は消えない。
だけど、当時漠然とおかしいと思っていたことの答えが出た気がして、反面すっきりしていたりもする。
母は本当に本当に余裕がなかった。
父は当然と思ってそうしていた。祖母も。
祖父は、どうだったんだろう。今となってはわからない。
でも、うちにあった目新しいもの(トースターやビデオデッキ等)は、
ある日突然祖父が持ち帰ってきたものだった。
無駄遣いだと言う祖母を無視して私たちに披露してくれた。
だからつまりそういうことだったのだろう。
祖父はわかっていた。でも祖母と父に強く言えない償いだったんだと思う。
そんな私の考えを、少しだけ母に言ったことがある。
すると母は「爺ちゃんはたまに、病院に迎えに行くと帰り道おいしいものを買ってくれたわー」と言った。
ソフトクリームだとか、たい焼きだとか、すぐ食べられるやつ。
食べたことがバレないやつ。

299 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)12:27:10
なんかちょっとおセンチな気分になってしまった。
これで私の話は終わりです。散文失礼しました。
読んでくださった方、ありがとう。

300 :名無しさん@おーぷん : 2019/02/08(金)13:03:14
ひでえおやじだな
目が覚めてないみたいだから「お前のせいでこっちは苦労したんだボケ!!」
ぐらい言ってやりたい
お前のせいでみじめな子供時代だった、お前の婆あが糞カルトなんかに入るからだ
って言ってやりたい
糞カルト信者じゃないの?そのおやじは

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2019/02/11 22:43:57 ID: LV5i6poM

    >>296だけ読めばよかった

  2. 名無しさん : 2019/02/11 22:45:23 ID: rLdm61qE

    ぜひ聖教新聞に投稿してもらいたい

  3. 名無しさん : 2019/02/11 22:50:56 ID: URDsCzF2

    それでもこのオカンは子供らに対して毒親であり加害者だったとしか思えんのだが
    なんか報告者が必死で「だから母は悪くない」「母だけは悪くない」
    って自分に言い聞かせてるみたいでやるせない

  4. 名無しさん : 2019/02/11 22:54:50 ID: rphyHWyo

    本をよく読む人の文章だね

  5. 名無しさん : 2019/02/11 22:57:38 ID: 8QmZJ.iY

    長文だけど読みやすかった

  6. 名無しさん : 2019/02/11 23:01:40 ID: Yp1Oa.JU

    うちと一緒だ。
    うちも私の着る服は全部おさがり、2歳の時から10歳まで同じシュミーズ着てた。穴が開いてもつんつるてんでも買ってもらえなくて。しかもそれすら姉のおさがり。
    そして父は会社役員、母は夜勤ありの看護婦(当時)
    お金がないわけないのになぜ?と、年収とかの概念が理解できるようになってから思った。
    知り合いに頭下げてお下がりもらったのを怒られたのも同じだ。
    うちは宗教はだれもやってなかったので、どこにお金が消えたのかなぞ。単に自分が稼いだお金を他人(子供)に一銭も使いたくない夫婦だったのかも。
    みじめだよね。うちは洗濯もしてもらえなかったから、いじめられたよ。

  7. 名無しさん : 2019/02/11 23:05:08 ID: cNgypL6c

    コミティアで売ってそうな話だと思いました
    時代錯誤感が良かったです

  8. 名無しさん : 2019/02/11 23:05:59 ID: 4is8WUWM

    やっぱ宗教ってクソだわ

  9. 名無しさん : 2019/02/11 23:09:36 ID: 0.Jbyq9Y

    弟さんの話も聞いてみたいな

  10. 名無しさん : 2019/02/11 23:09:50 ID: 1/peKv1U

    凄い長いのに全部読んでしまった
    母親には今からでもたまに贅沢させてあげたらいいよ

  11. 名無しさん : 2019/02/11 23:11:21 ID: 3cey4DtM

    ※3
    この手の報告はだいたいそう
    「母は、働きもせず暴力をふるう父から必死に僕達を守ろうとしてくれました」←そんな父親と離婚しない母親もクズ
    こういう話本当に多いし、ともすれば母親の美談として語られることもある
    家庭の違和感に気付いたつもりで気付けてないのって可哀想だね

  12. 名無しさん : 2019/02/11 23:11:47 ID: ndYpPvO.

    我が家もそうだったわ
    子を大学に出さずに貯めた5000万はあの世には持って行けないから手元にあるけど
    今金があっても大学に行くのは仕事に繋がらないただの趣味でしかないから行かない

  13. 名無しさん : 2019/02/11 23:14:16 ID: mT.iYNYU

    時代だから離婚しにくかっただろうけど母親も毒だよね

  14. 名無しさん : 2019/02/11 23:14:49 ID: ivY0Ob3k

    日本じゃよくあることだよね
    とにかく母親が奴隷で、子供はおかしいと思いながら従うしかない
    女子供が犠牲になってる国だけど
    それを指摘すると男様がキィィィーとヒスるか、ダンマリ

    今もほぼ変わってない

  15. 名無しさん : 2019/02/11 23:16:22 ID: Pwcf8z.Y

    友達やさしいな…

  16. 名無しさん : 2019/02/11 23:16:34 ID: ivY0Ob3k

    これを「母親も悪い、母親も毒、ドッチモドッチー」で終わらせるのも
    昔と全く同じ
    そこから学んで以後に生かす気が全然ない

  17. 名無しさん : 2019/02/11 23:17:17 ID: zQPTFqNs

    「ああ、分かる!分かる!!!!同じ!同じ!!!!!!」ってなった。
    うちは金の使い道は完全に「父親の趣味(「掘り出し物で骨董探すのが趣味!」だとか「家族のために、庭にお湯を撒けるシステムを付けた!(※家族の誰ひとり使わねーよ)!」」だとかそんなんだったけど。

  18. 名無しさん : 2019/02/11 23:17:31 ID: ivY0Ob3k

    少子化になるのも当然だよ、こんな国

  19. 774 : 2019/02/11 23:22:15 ID: 060bXd86

    宗教じゃなかったが、祖父が家庭じゃなく趣味と土地を際限なく買う阿呆だった。別居になってしまった父から生活費をもらわないでいた母は、自由にお金を仕えた父が女を作って離婚。要するに、祖父を止めない祖母も同罪。父を好きにさせて、子供の前で泣いて暮らす母も同罪。
    このケースも、自分だけ耐えればという祖父も母も毒だよ。

  20. 名無しさん : 2019/02/11 23:23:47 ID: VRqxG8Z6

    ああああここまでひどくはなかったけど、靴下繕ったりサイズ違う服着てたり汚すからって毎日真っ黒しか着させられなかったりしたこと思い出した
    わたしもずっと家のこと貧乏だと思ってたけど父親が生活費入れてなかったんだよなぁ。世の中そういう隠れたネグレクトや金銭DVがたくさん潜んでるんだと思う

  21. 名無しさん : 2019/02/11 23:27:01 ID: .tMeiMhU

    ※15
    そうか? 「かわいそうな子に優しくするのは当たり前だよ!」って
    恵んでやってるんだとばかりにウエメセで物よこして来るんだぜ?

  22. 名無しさん : 2019/02/11 23:27:24 ID: 5Bu4O5Xk

    創価じゃないけどうちもこんな感じだった 大人になった今わかったけど
    結構裕福だったのに 宗教にお金入れてたからだったんだなってわかった
    本当にある時から突然貧乏になった感じだった 親がそれで幸せだったなら仕方ないけど
    自分は親が宗教やったなら金銭じゃなく精神的に豊かな教育をされたかったよ
    いつも親や曽祖母が喧嘩してて本当に嫌だった

  23. 名無しさん : 2019/02/11 23:34:29 ID: DFZ2xTJY

    綺麗な文章で思わず全部読んじゃった
    ありがとう
    途中大学生のくだりはよく分からなかったけど
    一本の小説読んだ気分

  24. 名無しさん : 2019/02/11 23:37:45 ID: R2OBZxnI

    うちもこんな感じ。ずっと貧乏だと思ってたから子どもの頃は外食に出ても気を遣って一番安いメニューを頼んでた。「これがいいの」って嘘ついて。親公務員で今考えたら決して貧乏じゃなかったのに。親戚のおじさんが小旅行に連れてってくれたときもずっと幾ら払ってもらったか勘定して心配してたな。思い出して切なくなった

  25. 名無しさん : 2019/02/11 23:39:59 ID: xMFD6crs

    長文だけど読みやすかったです
    しかし報告者さんも母親も祖父も堪えすぎ我慢し過ぎだよ
    誰か爆発すれば良かった
    鬼籍に入ってる人は仕方ないけど糞父は存命なんだし
    報告者さんこそ怒っていいんだよ
    お母さんが可哀想と思ってしまうのかもしれないけど
    お母さんも被害者とばかりも言えないんだし
    本当はお母さんに発破かけて糞父を捨てられりゃいいんだけどね

  26. 名無しさん : 2019/02/11 23:41:26 ID: aicSfIkA

    宗教キチの糞ババアとマザコン父のせいで苦労させられたんだね。
    うちは宗教からんでなかったけど親が揃って浪費するタイプで
    収入は普通のはずなのに色々お金なくて辛かったから読んでて切なかった。

  27. 名無しさん : 2019/02/11 23:41:39 ID: NCGBHInw

    結論:宗教はクソ

  28. 名無しさん : 2019/02/11 23:47:33 ID: 2h/p0c.6

    ※1ほんまやなw

  29. 名無しさん : 2019/02/12 00:05:06 ID: OwdcYBzw

    母は父と離婚したほうがいいんじゃないの
    今更かもしれないが…
    たぶん父親の言動は歳を取ると余計にひどくなると思うし祖母と同じ宗教にはまるかもしれない
    経済的に余裕があるなら母と逃げたほうがよさそうだ

  30. 名無しさん : 2019/02/12 00:13:40 ID: w7Ur00IQ

    宗教がクソって話なのに、こんなんでも男叩きに持ってく痛い女がおるんやな

  31. 普通にあること : 2019/02/12 00:16:49 ID: pEsHK7LA

    私自身は、生まれてこの方、お金に苦労したことがない。自分の学費や下宿費や食費やおこずかいは常にあったし、今もこれからもある。妹の夫は銀行員である。自分も資産家である。慶應大学卒業しているし、甥っ子も姪っ子も国立大学に行く学力もあるし、資金力もある。私学でも大丈夫だ。恵まれている。皆、性格が良くて、会話もできる。でも、努力もしている。

  32. 名無しさん : 2019/02/12 00:24:51 ID: n7ysuVfQ

    ※30
    宗教だけのせいにして自分の給料を母親に貢いで残りは自分だけで抱えて
    妻子に苦労させ続けた男は悪くない、男叩きするな!って痛い男がいるんやな

  33. 名無しさん : 2019/02/12 00:27:03 ID: mY91s0Nc

    長い

  34. 名無しさん : 2019/02/12 00:29:12 ID: B/n.s5mc

    それでもお母さんは離婚してないのか

  35. 名無しさん : 2019/02/12 00:39:13 ID: Pexx/HYI

    ※3
    自分もそういうの嫌い。発達にカサンドラ妻だとかってやつも。
    第三者に被害を出す前なら、壊れたのはそいつのせいにしてもいいけど
    出しちゃったのならもう加害者だわ
    誰かが悪くてしかたなしにそんな行動をしましたってのが許されるなら、
    宗教ぐるいの祖母や優しい虐待されて育てたれた父親だって許されちまう

  36. 名無しさん : 2019/02/12 00:39:44 ID: 0mGLlils

    まとめ
    父親の身勝手と祖母の宗教ハマりせいで普通の収入あったが金欠で貧乏だった
    そのしわ寄せ母と子(本人)にきてた
    大人になって父が今があるのは俺のおかげだというのモヤモヤ

  37. 名無しのママ : 2019/02/12 01:03:49 ID: nZxwitJY

    私と違って実姉からの性的虐待とか、ネグレクトで夏休みは近所の犬の猫まんまで凌いだ訳じゃなくて裏山

  38. 名無しさん : 2019/02/12 01:12:57 ID: buSnWuvo

    制服と体操服しかなくて休日に外出できなかったのを思い出した、ちなみにパジャマもなかったが高校生のとき親戚がくれた、その新品を袋から出そうとしたのを母に咎められたような記憶が、そう新品はよそいきだからなんでもない日に日におろしてはならないから、旅行にも行かないのに

  39. 名無しさん : 2019/02/12 01:26:17 ID: POqupB9w

    自分の所もそうだったっていう書き込みが結構あってさらに心が痛むね…。いつか自分に子どもが出来たら例え何かしらの理由で貧乏になっても子どもが惨めな思いをしないようにだけはしたいな。

  40. 名無しさん : 2019/02/12 01:33:32 ID: L2/FFmFw

    同じような人結構いるんだね
    高校、制服なかったけど中学の制服着て通った
    なんか面白がっていらない制服くれた人とかいたんで三着くらいでまわしてた
    私服は体育着とジャージ、休日も制服かジャージで出かけてたわ
    服はともかく下着買えなくてしんどかったなー
    洗い替えなんてないから生乾きの下着つけてたのがトラウマ

  41. 名無しさん : 2019/02/12 01:41:22 ID: 3C9jlGzE

    うちの父は薄給なのにインテリぶって人前で小難しいタイトルの本を読んで見せるのが好きでその手の本がたくさんあり、趣味のジャズレコードも買い漁ってた
    母は専業で訪問販売やテレビショッピングで物をしょっちゅう買っては捨てるの繰り返しと海外ブランドのバッグや化粧品を買いまくってた
    しわ寄せは当然子どもにきてお年玉は巻き上げられ小遣いはほとんど無しで、大きくなるほど友だち付き合いに支障が出た
    親は贅沢してるのに自分には我慢を強いられるのも結構なストレスだよ
    バイトをしだしたらご飯の用意がなくなったのでいわゆる「おふくろの味」がもう思い出せない(それまでもスーパーの値引き惣菜が多かった気がする)
    両親と自分の3人とも全然気が合わなく我が家は機能不全家庭だとわかってからは何かを期待したり要望するのは諦めた
    報告者はそれでも母親には愛情があるようだけど私は両親とも全然ダメ、長年の不満がものすごく溜まってるみたいで今は夫もいるし子どももだいぶ大きいのにたまに老いた親に怒鳴ってる夢を見る

  42. 名無しさん : 2019/02/12 01:43:54 ID: C4p/IG1U

    こういう、どこかがおかしいけど誰かに相談したり逃げ出したいと思うほど辛くも感じない。けど、端から見たらあきらかにおかしいし、可哀相な子供時代を送ってきた人は沢山いるんだろうね。

  43. 名無しさん : 2019/02/12 02:18:29 ID: pbmljOd6

    母親はゴミクズだしそれを認められない限りこの人もゴミクズの人生しか送れないだろうな

  44. 名無しさん : 2019/02/12 02:23:41 ID: 4RGbw9pM

    母親はモラハラと経済DVの被害者でもあるけど、娘にとっては加害者だからなぁ・・・
    そして全然出てこないけど、弟はどうなった
    ひょっとして弟はバイトもせず潤沢にこづかいを与えられてたっていうことはないの?(よくあるパターン的に

  45. 名無しさん : 2019/02/12 02:37:07 ID: gkr4xgxc

    カレンダー裏に相応しい話題だな。
    文章上手いがとにかく長い。中身も小説だこれは。
    母は怒っていい、じゃないぞお前が怒れ。
    面倒な事を後回しにする日和見な性格、お前は母親と良く似てるよ。

  46. 名無しさん : 2019/02/12 02:38:58 ID: oG.Cn/n2

    苦労して生きてきたのがよくわかる文章だな
    文章から感情が伝わることはない、ってついさっきどっかで書いてきたところだが撤回すべきか

  47. 名無しさん : 2019/02/12 02:39:52 ID: zOo6gXBs

    そのまま短編小説にできそう

  48. 名無しさん : 2019/02/12 02:50:25 ID: KKh0k5ZE

    これちょっと編集したら小説に出来そう

  49. 名無しさん : 2019/02/12 03:11:53 ID: /vRHYUco

    いや貧乏は貧乏だろ

  50. 名無しさん : 2019/02/12 03:15:03 ID: Z.30Ulqg

    自分も体操着を買ってもらえなくて苦労した
    病院に連れて行ってもらえないのも当たり前
    ずっとうちは貧乏だと思ってたけど、父親は結構いい給料もらってたって大人になってから知った
    結局、母親が他人(子供)にビタ一文たりとも使いたくないってタイプのドケチだったみたい
    地獄にお金は持っていけないのにね

  51. 名無しさん : 2019/02/12 03:15:53 ID: 7XnR2XvY

    病気にも病名付くと安心する。また治療方針が定まりゴールが見える気がする。
    それが例え不治の病でも五里霧中で苦しいだけよりはマシだと思う。
    この人も自分の家庭を客観視できて「経済DV」とか「宗教キチ」とか「マザコン」とか「毒」とかわかりやすい名前がついて、それが本質的な貧乏じゃない子どもの生活苦の原因だともっと早くにわかればずいぶんと違ったと思う。「母」も洗脳が解けたかも知れない。
    今こうした家庭板系まとめが流行る(廃らない)のはそうした客観視した「病名」がパターンとしてわかるからではないか。

  52. 名無しさん : 2019/02/12 03:29:43 ID: dGd8wffk

    ※37
    ご飯とられた犬が可哀想

  53. 名無しさん : 2019/02/12 04:20:12 ID: jthh/LYI

    どう見ても経済DV…とか思ってたら※欄に沢山指摘あったね
    紛うことなき糞ババアと糞父ですわ

  54. 名無しさん : 2019/02/12 06:37:17 ID: 5uWfntHg

    ※14
    海外では病気でもないのに無職になったあげく手当や控除もらったりしないんでねw
    自ら隷属してんのに「日本の女性は抑圧されて~」とか笑える。

  55. 名無しさん : 2019/02/12 06:40:07 ID: LFDz1Vuk

    今、吐き出したくなったんだね
    読むことしかできないけど、少しでも気持ちの整理が付けばなと思う

    弟さんはその後、どうなったんだろう
    この方みたいに、真っ当な人生を歩めてるのかな

  56. 名無しさん : 2019/02/12 07:05:27 ID: ULAnvAOM

    父と祖母はクズで母はバカ
    バカであることは罪

  57. 名無しさん : 2019/02/12 07:20:35 ID: HIac2ybY

    ネットも無い時代に、これだけの事をしても毒親やら加害者と言われるのか。
    働いて子供の衣食と育児を賄って、大人二人(祖父は別として)の面倒見て、
    これで、お前は夫と離婚しなかったから毒親なんて言われたら、精神崩壊するわ。
    鬼かよ。

    とりあえずカルトはクソ。

  58. 名無しさん : 2019/02/12 07:45:38 ID: B0zjpGeE

    むしろ大人になるとプレゼントにりんごはアリだよね。
    趣味でもない残る物もらっても困るし。

  59. 名無しさん : 2019/02/12 07:56:04 ID: Qlq3MvSE

    昔からこの父親みたいな男は多かった。男のヒステリーのほうがよほど多い上に男の性質上攻撃的で暴力につながるから最悪なのに、男さんは絶対に認めようとしないよね。

  60. 名無しさん : 2019/02/12 08:13:12 ID: ZJgoJNUU

    同じ状況の人が※欄にいっぱいいて胸が痛くなる
    必要な人に支援をというお題目はこういう一見普通の家庭には
    届かない世帯年収はある死なないレベルで食事もさせてる
    だが子が必要なものは手に入らない隠れた貧困

  61. 名無しさん : 2019/02/12 08:38:34 ID: Amm5rmmY

    少子化も悪いことじゃ無いと思う。こういうクズ父みたいな奴を排除していける可能性が高くなるから。

  62. 名無しさん : 2019/02/12 09:28:17 ID: E5EGD6EA

    うちもそうだよ。確かに親父は稼いでたしお金はあった。けち臭い暮らしはしていたけど貯金してるんだなと思ってた。親父もね。でも本当は、お袋が甥っ子(私の従兄)に貢いでいた。オイラが高校3年の時に大学進学費用があるとにらんだ従兄に金の無心をされて、素寒貧にされた。借金を背負わされなかっただけましだと思うしかなかった。おかげでオイラは高卒さ。

  63. 名無しさん : 2019/02/12 09:56:46 ID: siKGDoKo

    母親を叩いてる人がいるけど、報告者がおそらくアラフィフだろうから、70代以上でしょ。
    その時代、離婚は中々厳しいし、当然ネットもないから知識もない。弁護士なんて雲の上の存在。与えられた環境の中でなんとかやり過ごすしかなかったんだよ。
    それに当時はまだ父長制度が強過ぎて、こういうクソな父親は珍しく無かったと思う。

  64. 名無しさん : 2019/02/12 10:32:31 ID: oifE0eDg

    今の価値観で昔の価値観を裁いて断罪していると
    近い将来結局自分も辛くなっていくと思う
    比較して参考にするくらいでいい

  65. 名無しさん : 2019/02/12 11:56:56 ID: X3zYZpuY

    宗教に盲信、怖い

  66. 名無しさん : 2019/02/12 12:14:32 ID: 4MxoOa.Y

    つらかったね。宗教にのめり込んだお祖母さん、お金を渡す父親も駄目だ。

    家の父親は公務員だったけれど、趣味につぎ込んで家計費は少しだった。
    母が内職していたけれど、服とか授業に必要な物を用意してもらえなかったよ。
    親はいつも「養ってやっているのだから、ありがたく思え。」って。
    親がいなくなれば私の苦しみが終わるのに、父91歳・母88歳で元気なのよね。あー嫌だ。

  67. 名無しさん : 2019/02/12 12:23:03 ID: oG.Cn/n2

    祖母父以外は苦労されたなと感じた

    報告者の母を叩いてる人は祖父のことは叩かないのな
    クソな伴侶を見限らなかったのは同じなのにね

  68. 名無しさん : 2019/02/12 12:45:58 ID: gDmVN.wM

    さすが日本男さん
    腐りきってるね

  69. 名無しさん : 2019/02/12 13:37:11 ID: Tlxwa6io

    こういう母親って、子供に文句を延々垂れ流して父親にはたまに切れるだけで
    この生活を打破しようって行動を起こさないよなー。

  70. 名無しさん : 2019/02/12 14:15:39 ID: gPcol/HM

    ※6
    うちも
    子供にっていうか娘に一銭も使いたくないっていうだけだった
    息子は親の面倒見てくれるけど娘はいずれ嫁にいけば他人になるから金かけたくないってさ
    母親は父親の実家ほぼ無視して自分の実家いりびたりだったけどね
    さらにお年玉やらバイト代やら全額むしり取ろうとするから殴られても拒否した
    時代が変わって娘が面倒みる時代よ~とかすり寄ってきたけど
    親の望み通りほぼ他人になったよ

  71. 名無しさん : 2019/02/12 14:27:09 ID: IODnMlY2

    ※69
    こういう母親って自分の子のことを「守るべき存在」じゃなくて「奴隷仲間」「被害者仲間」として分類してるからなー
    状況は変えないし、愚痴の痰壷として扱われるのよね

  72. 名無しさん : 2019/02/12 15:04:30 ID: gJWPVpsU

    自分が頭悪いからいつまでも父親の正体が分からず,
    母親も毒であることに未だに気がついていないだけ.

  73. 名無しさん : 2019/02/12 17:28:50 ID: KPTzh2ac

    ゴミみたいな一家に母親が嫁いだから
    子供も地獄のような日々を送ったんだね

    祖母もゴミだけど父親も完全なゴミ
    そんな家をさっさと出て母子家庭で母子手当て貰って育った方が
    まともな生活遅れたよね

    ゴミ祖父母とゴミ父親、そこから逃げなかった母親もゴミ

  74. 名無しさん : 2019/02/12 22:16:23 ID: 7IYI6v4U

    うちはここまで徹底してはいなかったけどやっぱり子供にはお金を掛けたがらない親だったわ
    何でもお下がり、おやつはふかし芋か生協の安くて不味いやつか無しだったな
    結局家を建てるために何もかも節約してたそうだ
    それも子供が自立する年齢に合わせて
    糞親父は一昨年死んだけど葬式代と墓代しか預金は無くて一円も遺産は貰わなかった
    最後まで自分だけ大事っていうスタンスだったなー
    必要無いだろうから墓参りも行かないけどさ

    ※69
    母親も立派な毒だよ
    本当に子供を大事に思うなら守るからね

  75. 名無しさん : 2019/02/12 23:10:16 ID: c8PYj/ng

    読まなければよかった。つらい気持ちになる

  76. 名無しさん : 2019/02/13 06:56:09 ID: EK8EiOEQ

    文章上手いから一気に読んで切なくなった
    今は幸せだといいな

  77. 名無しさん : 2019/02/13 07:58:32 ID: 5ByD8G0A

    昔の日本には、こんな歪な家庭が普通だった。
    だから「サザエさん」が成立していた。
    平成も終わる今、「こんな家庭は成立しない」。

    俺の実家も・もっと酷かったが、こんな感じだった。
    小学6年の修学旅行に行くため、初めて母に冬用のジャンパーを買って貰った。
    本当にうれしかったが、後になって同級生から距離を置かれていた理由を知った。

    家庭を持ち、子供が小学校に上がる頃、両親と出戻り姉がクラス新築の家を替えと
    言われ、ローンを組み建売を買ったら、妻が激怒し「あなたは奴隷ですか」と
    言われ、子供にも「うちの家じゃなかったんだ」と泣かれ、初めて自分の境遇に
    気付いた。
    幸い家の権利は俺と母の共同所有だったので、俺のを姉に買い取らせ、ローンを
    終わらし、縁を切った。
    考えたらずっと俺だけ孤立した家庭だった。母親に就職の保証人を頼んだら(母は
    正職で勤務し、施設長だった)「お前の保証人に何かなる訳無い。同じ苗字を名乗る
    のも本当は嫌だった」とまで言われた。
    ※戸籍で実子は確認済み。赤ちゃん手帳もあった。

    親父の車は成人後、常に俺が買い与え、結婚式も予定していた式場は勝手に断られ、
    母の入信した某宗教にて行い、長男のお宮参りもそこでした。
    何もかも・俺は奴らの奴隷だった。

    世の中には家族なのに奴隷のような境遇を受ける奴もいる。
    親だから・家族だから、絶対な愛情がある・というのは、妄想だ。

  78. 名無しさん : 2019/02/13 09:06:52 ID: 4RGbw9pM

    ※77はその後自分の家庭は大丈夫だったのか・・・!?
    名義を抜いて妻子と首の皮一枚つながっというかんじか?
    嫁さんがまだいるとしたら、不信感は半世紀たっても抜けないだろうから大事にしろよ
    喉元過ぎた熱さを忘れないように

  79. 名無しさん : 2019/02/13 11:52:55 ID: Amm5rmmY

    うちも父がパチンコで使い果たしてたけど、
    学校などの諸経費は父の口座引き落としだったからまだ良かったのかな
    時々引き落としできなくて学校に現金で持っていったけど。

  80. 名無しさん : 2019/02/13 14:45:33 ID: AZXpffzY

    こういうの読むと「父親にガツンと言ったれ」って思うんだけど
    どうせ言っても聞きやしないから言っても無駄なんだよね……

  81. 名無しさん : 2019/02/14 01:19:18 ID: MobsW9wo

    報告者は一度父親と喧嘩してるみたいだから、それで完全じゃないにしろ呪縛が解けたんでない?
    母親の方は娘に言われて今後どうするか…でも結構な年だろうし大爆発はなさそうね。

  82. 名無しさん : 2019/02/14 10:54:19 ID: n84a6hMQ

    お友達の言葉が歯にきぬきせなさすぎでうわっとなったが
    祖母の思ったことを言わずにいられない性格ってこういう子の事かなとも思った
    でも小6という繊細かつ潔癖な年頃になっても報告者を排除せずいじめず友達付き合いの輪に加えてくれるのなら十分優しいんじゃないかな
    この状態なら『あの子うちとも他の子のうちとも違う』って嫌でもわかるでしょ

  83. 名無しさん : 2019/02/15 01:28:14 ID: FIBwrksc

    貧乏は貧乏だよ。

    どんなに父ちゃんが稼いでたって
    家に金をいれないのなら、無職の父ちゃんと同じ。
    それどころか、金も入れずに飯は食って風呂も入るなら
    母ちゃんが、ごく潰しを飼ってたんだから
    そりゃ貧乏な家だ。

    母ちゃん、なんで離婚しなかったんだろうね?
    子供のほかにごく潰しがいてもいいほど稼いでたんだから
    よほど、そのごく潰しにホレてたんだろうか。

  84. 名無しさん : 2019/02/15 18:27:46 ID: 1b.PbX1.

    結局宗教にハマって貧乏だったという話をどんだけ引っ張って書いてんねん

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。