小1の時にクラスにあった絵本「男の子は死にました。トラックにはねられたのです」 アンハッピーエンド過ぎる

2019年09月06日 06:05

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1564796648/
何を書いても構いませんので@生活板78
917 :名無しさん@おーぷん : 19/09/04(水)02:42:38 ID:po.jp.L1
小1の時にクラスにあった絵本
「○○は小学生」(○○は名前、何だったか忘れたけどあだ名っぽかった、男子)
主人公○○(幼児)が生活していく様子が語られていく


スポンサーリンク
しかし突然の暗いシーン
「○○は死にました。トラックにはねられたのです」
「お母さんは今でも何かの拍子に泣き出します」
「ある日お父さんは言いました、○○が生きていたら小学生か、と」
「それを聞いてお母さんはまた泣き出しました」
「しかし○○が小学生になることはありません」
これで終わり。
アンハッピーエンド過ぎる絵本だった。
何を子供に伝えたかったんだろうか。交通ルール?
そういう教訓めいたこと書かれてなかったと思うんだけど
で、これをさっき思い出してふと絵本ナビで検索してみた
主人公の名前すら憶えていないので「は小学生」で
そしたら出てきたのは若女将とか温泉アイドルとか
ええ・・・

918 :名無しさん@おーぷん : 19/09/04(水)02:55:42 ID:OI.t4.L1
>>917
けんぼうは1年生 じゃない?
ちょっと気になったから検査食いかけたら出てきたけど、
意外とタヒに関する絵本が多くて驚いた

919 :名無しさん@おーぷん : 19/09/04(水)02:59:09 ID:po.jp.L1
>>918
あなた凄い
私1時間国会図書館とか絵本ナビ探して見つからなかった
これだこれ
30年ぶりに見たわ
ありがとう

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2019/09/06 06:13:29 ID: vRtMGdk6

    検査食い…ああ、検索かまで0.8秒かかった

  2. 名無しさん : 2019/09/06 06:38:59 ID: DkLcC58I

    検索にかけたら
    やな

  3. 名無しさん : 2019/09/06 06:40:42 ID: /is6lVuU

    ゴーリーとか見せたら発狂しそう

  4. 名無しさん : 2019/09/06 06:52:24 ID: e3LKwnE6

    交通事故で死ぬ人が今よりもずっと多かった時代だからだろうね。

    絵本ではないけれど、学校で交通事故のすごく暗い映画(やっぱり小さい子が死ぬ)
    見せられたのを思い出したよ。

  5. 名無しさん : 2019/09/06 06:53:26 ID: EQgRgex6

    児童向け書籍は子供にトラウマ植え付けさせることに
    全力を注いでるとしか思えない
    鬱内容かなり多いんだよな

  6. 名無しさん : 2019/09/06 06:59:01 ID: 6AOx2hKE

    昔話には教訓があるけど絵本はあんまり教訓ってないような気もする

  7. 名無しさん : 2019/09/06 07:00:59 ID: wnH8HIiU

    ケン坊は健忘症

  8. 名無しさん : 2019/09/06 07:18:40 ID: O/3j21c.

    これ実話って書いてあるのみたよ。
    だからお父さんが息子のために書いたのかな。

  9. 名無しさん : 2019/09/06 07:21:51 ID: WnKbZBvQ

    タイトルずばり「しんでくれた」という絵本をネットで見かけてびひった
    内容は多分、食べられるために死んだ動物の事
    「くれた」という言い回しが気に障る

  10. 名無しさん : 2019/09/06 07:34:37 ID: e5po19mo

    「ちこたん」も音楽の教科書に載ってたけど当時意味不明だったな

  11. 名無しさん : 2019/09/06 07:35:24 ID: UjAOfJFY

    チコタン定期

  12. 名無しさん : 2019/09/06 07:47:15 ID: e5po19mo

    全文載ってるサイトあったから読んだけど
    実話で3歳の子供を亡くした父親が3年後に
    死んだ子の歳を数えて生きてたら1年生になったはずと思い返す話なので
    何らかの教訓をはらんだ創作絵本とかとは違って
    エッセイとかに近いものだと思う。

    子供よりもむしろ親の視点で見てると刺さっちゃう絵本って感じ。
    読んでたら泣けてきたし

  13. 名無しさん : 2019/09/06 07:50:25 ID: WoalSwv.

    トラックで人を撥ねてしなせても業務上過失致死、
    で済まされて、懲役にもならないのが普通だったから
    やりきれない親御さんが本を出したんだろうなぁ

  14. 名無しさん : 2019/09/06 07:52:54 ID: PFu84puc

    絵本といえば「わたしのいもうと」を思い出す

  15. 名無しさん : 2019/09/06 08:22:50 ID: JUJpWeGU

    両親が双方浮気して、子供置いて駆け落ち、子供は施設っていうのもあるぞ

  16. 名無しさん : 2019/09/06 08:23:40 ID: M/DcJIOE

    最近の事件こそ絵本にするべきかもね、あの逮捕されないやつ、、

  17. 名無しさん : 2019/09/06 08:25:00

    自分が死んだら両親が悲しむという事を伝える為の絵本だろ

    自サツ防止に役立つ

  18. 名無しさん : 2019/09/06 08:28:43 ID: UZqdf6SU

    米3
    ゴーリーは狙ってやってるのが丸わかりだから「そういうもの」で受け入れられるだろ

    こういうのは思ってもいないところから変化球で来るのがいちばん精神に来るんだ

  19. 名無しさん : 2019/09/06 08:29:33 ID: 547KDQWc

    特定のナビサイトで調べるより、ネット全体で調べた方がキーワードに引っ掛かりやすかったりするよね。

  20. 名無しさん : 2019/09/06 08:34:49 ID: PAv9PpME

    大人が感動したり涙を流すための絵本ってなんとかならんものかね
    きちんと子供向けにつくってほしい

  21. 名無しさん : 2019/09/06 08:43:33 ID: 3/s5FurU

    となりのせきのますだくんという絵本は
    今読んでも面白いし為になる
    男の子は隣の席の女の子に
    かまってほしくて意地悪をする、
    女の子は隣の席の男の子が
    意味もなく意地悪してくるから
    怪獣にしか見えないってやつ

  22. 名無しさん : 2019/09/06 09:14:40 ID: fcY8y3kE

    体育館に集められて全校生徒で見た謎映画も、あれなんだったんだろうって気になってる
    部落や障害の話じゃなくて、外国の坊ちゃんがアマゾン?的な場所で親とはぐれてペットの犬と置き去りにされて何とか生き残るみたいな話だったんだけども…
    パパが飛行機からビラをまいたり犬が原住民に食べられそう(誤解)になったり、割とワガママ坊ちゃんだったりで何を伝えたかったのかわからんかった

  23. 名無しさん : 2019/09/06 09:44:41 ID: DWHQmGrg

    たしか「そばのはな、さいた」とかいうタイトルの絵本
    山の中の蕎麦畑で働く、赤ちゃんを背負ったお母さんを山に住むうさぎが毎日見守ってるんだけど、ある日を境に母子は畑に来なくなる
    「何でだろう?」と疑問に思ううさぎ。ある日、母親が畑に忘れていった袋を見つけたので、「届けてあげよう」と袋をくわえて山の向こうへ走っていく
    すると間もなく、うさぎが向かった山から爆発音が響き、一帯が揺れ動く
    二度とうさぎは帰ってこず、袋からこぼれおちた種から芽生えた蕎麦の花が、うさぎの後を追うように山道に列をなして咲いているのでした…

    可愛いふんわりした絵柄のうさぎで、前半はほのぼのしていたのにこのエンドよ
    なんだってうさぎちゃんを殺したんだ!と当時も今も納得いかない

  24. 名無しさん : 2019/09/06 09:59:08 ID: XFvunlnw

    ※23
    そりゃ環境破壊への警鐘だからじゃないの?

  25. 名無しさん : 2019/09/06 10:11:42 ID: KOrfl13E

    砂利積んだトラックにはねられてシャボン玉のように儚く亡くなるんよね

  26. 名無しさん : 2019/09/06 10:15:49 ID: miL6zJoE

    小2の時、学級文庫(図書室は3年生からしか使えない)で筒井康隆の
    「三丁目が戦争です」を読んでしまったときの衝撃たるや…
    未だにおにぎりは中の具を確認してからでないと食べられません

  27. 名無しさん : 2019/09/06 11:05:58 ID: A1cW3aeY

    自分もそれ読んだ覚えあるけれど、「ああそういう事もあるだろうな」って感想しかない。
    不意に子供をなくす親の悲しみを描いた絵本って認識。

  28. 名無しさん : 2019/09/06 11:12:38 ID: x9JySI8E

    今だと、そのトラックは所謂転生トラックで、けんぼうは異世界へ転生したのです。
    そして、けんぼうの冒険が始まる…。
    とかになりそうな予感

  29. 名無しさん : 2019/09/06 11:17:42 ID: XFvunlnw

    ※28
    そういう小説はあるけど、実話をもとにした絵本の話で持ち出すやつはさすがに神経疑うわ

  30. 名無しさん : 2019/09/06 11:56:25 ID: Hqncz8H2

    ※26
    ググってしまった
    筒井康隆なら仕方ないね

  31. 名無しさん : 2019/09/06 12:00:26 ID: KOrfl13E

    昔ゴーリー展見に行ったとき、『ギャシュリークラムのちびっ子たち』等の作品についての解説で、当時主流だったのが、教訓や戒めを登場人物の死と絡めた物語で、そういった作品を書く作家が多かった中で、ゴーリーにはそうした意図があまり見られない、みたいなことが解説してあった。

    何の戒めもなく、韻をふむように子供の死を描いた絵本だったのね。

  32. 名無しさん : 2019/09/06 12:49:09 ID: nEyBbM/g

    検索したけど表紙の絵が怖いんですが…。

  33. 名無しさん : 2019/09/06 13:04:36 ID: 0R5whTDg

    さすがにゴーリーの作品見て
    普通の絵本への感想のように
    子供向けだと思ってただの、こんなひどい結末なんてだの言うやついたらそっちのほうが頭おかしいと思う

  34. 名無しさん : 2019/09/06 13:12:44 ID: U9n0rkFs

    ケンボウはいつでも思い出し泣き出来るレベル。
    たしか両親が年取ってようやく授かった一人息子なんだよね。
    冒頭お父さんが亡くなるように見せかけてケンボウが死ぬからな…
    でもケンボウが大好きなお父さんが亡くなる前に天に召されたのはある種の救いかもしれない。

  35. 名無しさん : 2019/09/06 13:23:28 ID: 6LFaN8l2

    やっぱりチコタンの話は出てくるな
    あれもショッキングだからな

  36. 名無しさん : 2019/09/06 13:25:45 ID: qzl/BIsw

    ※34
    なにがどう救いなんだか

  37. 名無しさん : 2019/09/06 13:29:25 ID: 5UkclcmA

    ※22
    同じの観させられたわ、もしかしたら『砂漠の冒険』って映画かも(ググった)
    途中ヘビかなんかに毒液吐かれて目が見えなくなったりしてたよね
    説教臭いわけでもなかったからそれなりにハラハラドキドキして観てた記憶があるわ

  38. 名無しさん : 2019/09/06 13:45:52 ID: 7VNvpTI2

    姉が弟を凄くいじめてて、弟が擦り傷を作った日のお風呂に姉が洗剤を入れて、めちゃくちゃ滲みたので弟がとうとうキレて姉を殴る。
    しかし姉はその後病気で死んでしまう、って児童図書か絵本を子供の頃読んだけど胸くそ悪かったような。
    タイトルは忘れたけど…

  39. 名無しさん : 2019/09/06 14:05:59 ID: O/3j21c.

    子供の頃広島のピカって絵本が怖かった。
    空港の近くに住んでて飛行機の音が聞こえるたびB29なんじゃないかといつも怖がってた。

  40. 名無しさん : 2019/09/06 14:38:36

    児童向け文庫「ミステリー交差点 午後5時10分」
    とある元気な少年が横断歩道で何者かに突き飛ばされ轢かれて亡くなる
    実はそれは全く別の子が親から受け継いだ遺産を狙う人間がたまたま間違えて少年を…という内容で
    幾らなんでもきつすぎない?と思った
    描写はちょっとだけだけど、子どもの親御さんは当然泣いて悲しんでるし、
    主役の子が成仏してはいお終い!終わり!じゃ済まないでしょこれ…という感想を当時持ったね
    書評では感動しました!というのが多いんだけど

  41. 名無しさん : 2019/09/06 14:44:30 ID: 9nAErq26

    「電話なっている」を児童文学短編集きょうはこの本読みたいなシリーズの恋をした日に読む本に入れたやつ、マジで頭おかしい

    図書館にあったから読んじゃったわ
    トラウマになってる

  42. 名無しさん : 2019/09/06 14:46:04 ID: 9nAErq26

    だれかを好きになった日に読む本 だった。
    ググったらトラウマ本として有名だったわ

  43. 名無しさん : 2019/09/06 14:47:59 ID: WvP65gxU

    幸せに暮らしていた主人公がある日突然トラックにはねられて死んで終わりなのは
    アニメのミンキーモモが元祖なんだよなあ

  44. 名無しさん : 2019/09/06 14:52:51 ID: WOKXQWlY

    こういう日常では味わえない感情、言葉にできないゾワゾワ・モヤモヤするような感覚を味わえる作品こそ、
    子供の心を育てる情操教育でしょう。

  45. 名無しさん : 2019/09/06 14:59:33 ID: WOKXQWlY

    ※28
    トラックにはねられた青年が、異世界に転生して勇者になって大活躍! 魔王を倒し、お姫さまや女魔法使いたち美女にモテモテ!
    という話を、息子をトラックに轢き殺された母親が延々書いて、父親や兄弟に読ませている、というラノベは実在する。

  46. 名無しさん : 2019/09/06 15:45:15 ID: vnHHa.rU

    >>14
    あれもトラウマだよね
    私はあれのおかげでタヒぬのを思い止まった
    泣くのは大切な家族であっていじめなんかする子はみんな忘れちゃうんだなーと
    家族にも絶望してる子とか愛情があるけど歪んでるタイプの毒親がいる子には効果ないだろうけど

  47. 名無しさん : 2019/09/06 21:30:32 ID: n/HleZHA

    バッドエンドとは言わないのか

  48. 名無しさん : 2019/09/07 00:00:25 ID: yZ6zGZ42

    本スレもコメ欄も興味を引く内容の児童本がたくさん挙げられてるから、
    ブックマークして酔っぱらってない時にメモって図書館へ行くわ。

    私は小学校の時に推薦図書だった「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」を思い出した。
    幼い子を残してタヒぬお父さんが、我が子に向けて書いた手紙をまとめた本。
    たしか小4~小5の時に読んだけど、悲しさと愛情と勇気と光とやっぱり涙が雑じったような一言でいえば「切ない」という感情を初めて覚え、なんだか腹立たしくて
    学校が推薦する目的が「命や生き方について考えさせる」「親目線で自分を見直す」
    あたりだろうことは明白で、何度も読み返して何度も泣いて、腹がたって
    「どうしてこんな気持ちになる本を読めと言うのか」という作文を書いた記憶w
    その数年後には「典子は、今」というサリドマイド症の女性の映画を見せられて
    衝撃を受けたのと、友人が「典子」という名前で少し凹んでいたのを思い出す。

    小中学生の推薦図書にはトラウマを植え付けるものが多いのには同意する。
    ただ、当時はそれに反抗した自分だけれど、大人になった今は
    「どうしようもない現実を子供のうちに見せるのは、予防注射」と考えてる。
    子供のうちならば、現実に困っても通常であれば周囲の大人が助けてくれる。
    でも「誰も助けてくれない状況(=自分が何とかしないといけない状況)はある」と
    いうことが予め頭の片隅にあれば、
    いざという時に少しは落ち着いていられるかもしれない。
    全ての予防注射が効果を発揮するわけではないけれど、きっとそういうものだと思う。

  49. 名無しさん : 2019/09/07 01:01:25 ID: JFvTwiFg

    ※22
    自分もそれを見た(アラフィフ)
    冒険ものとしての痛快さもないしさりとて教訓も読み取れず、でもいまだに印象には残っているわ

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。