先輩となら互いのメリットデメリットを補い合えると思い、手を組むことを決めた。ここからが地獄の始まりだった

2020年05月20日 15:05

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1574669829/
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26
839 :名無しさん@おーぷん : 20/05/17(日)17:27:03 ID:uD.vd.L1
20代の頃の話 長文失礼


同じ職場にゲーム系の専門学校を卒業した先輩がいて
それとは別に私はとあるジャンルのゲームのマニアで
それを知ったその人から「一緒にゲームを作らないか」と誘いが来た

良く言えば「理論派」、悪く言えば「屁理屈」な人だったので躊躇したが
先輩が言うには「自分はプログラミングができるが創作することが苦手な人間」
私は「創造するのは好きだがアウトプットが苦手な人間」だったので
互いのメリットデメリットを補い合えると思い、手を組むことを決めた


スポンサーリンク
だがここからが地獄の始まりだったのだ
「先輩のお眼鏡にかかったものしかOKを出されない」地獄

・今まで脳内にあった構想を伝えたら全て却下
→ 「1から二人で作りたい 担当は違っても共有できるものがないと駄目だ」
・じゃあ先輩もアイデアを出してください
→ 「お前がシナリオメーカーだろ 世界観はお前が持ってないと駄目だ」
・こういう名前の〇〇はどうでしょう
→ 「わかり辛い 字だけで特徴がわかるようにしたい」
・じゃあこういう名前はどうですか
→ 「安直だな もっと凝った名前にしてくれ」
・こういうシステムを思いついたのですが
→ 「取ってつけたようなシステムだな もっと練ってくれ」
・こういうシステムはどうでしょう
→ 「プログラミング的に大変だから今回は見送りたい」
・このシステムは独自性もあってプログラミングの負担にもならないです
→ 「他のゲームにないだろうな」

その他にも「ゲームのシナリオや設定、キャラクター制作」だけの参加だったはずなのに
プログラミングを手伝わされたそうになったり
バンド経験があるということで音楽制作も担当させられそうになったり
儲けの取り分の話をされて創作意欲に幾ばくかの陰りが出てきていた

そして、上記の箇条書きの最後「他のゲームにないだろうな」という先輩の「不必要な用心」が
後に最終的な亀裂の引き金となる

中盤から先輩の「妥協点」(この時点でクリエイティビティが死んでいたのを後から気付く)を理解し
わかり易く、且つ、安直ではないアイデアを生み出せるようになってから
先輩の心に「他のゲームのアイデアを盗んでるのはないか」という
心配と言う名の猜疑心が芽生え始めたのだと思う

設定で面白いなと思うアイデアを出しても
「〇〇と〇〇を足した感じだな(調べたら雰囲気しか似ていなかった)」
一般名詞をそのまま使うだけで「その名前は〇〇(全く関係のない作品)で使われてる」
ちょっとでも気になるモーションがあると
「この動きは〇〇(この作品以外にもよく見るモーション)とおなじだな」


決定的だったのが制作から9ヶ月ほど経った時
自分たちが作ってたものと「根底の部分の独自のシステム」が丸被りな同人ゲームが制作発表された
私と同じくらいそのジャンルのゲームが大好きな人なら「灯台下暗し」だったシステム
「大手に先を越されたかー」と落胆する私の前で先輩が怒気を含んで言い放った一言

「お前このゲーム丸々パクってんじゃねーかよ!」


この一言から私の僅かながらあった創作意欲は完全になくなり、ゲーム制作辞退を申し出る
恨み言や「過去も別な人と同じようなことで頓挫した」みたいなことも言われたが
聞く気もなかったので覚えていない
その後、別件でその先輩が職場をやめられてしまったので今はもう何をしているのかもわからない

私はその後、別の人から誘われ
先輩から全て却下されたアイデアを活かしながら皆で煮詰めて
遂に昨年、何とか作品として世に出すことが出来た
この世界的な問題が収束したら、喜ばしいことに二本目も製作予定

辞退してからしばらくアイデアが枯渇し、絞ろうとすると動悸がしてしまうという
PTSDのような事になってしまったので、今思い返すとそうとう衝撃的だったのではないかと思う


結論
人と何かをやるときはその人の能力を理解し、その人を最大限尊重すること
創作はその人の脳と心で創り出すものなので、
創作物を依頼するときはその人のモチベーションを徒に下げてはいけない

ピックアップ

twitter
twitter

オススメサイトの最新記事

コメント

  1. 名無しさん : 2020/05/20 15:21:18 ID: KZXpwBG6

    完成おめでとう!
    私も同じよーな経験あるから目に見えるようだったわ
    その5創作できなくなったのも同じ

  2. 名無しさん : 2020/05/20 15:27:50 ID: CkZmD3WA

    結論だけ読んだ

  3. 名無しさん : 2020/05/20 15:30:40 ID: s3GfyKWk

    『くず』における、宮迫とぐっさん

  4. 名無しさん : 2020/05/20 16:08:27 ID: kRCLEnAQ

    「当方ボーカル、ギター・ベース・ドラム募集、完全プロ志向なので意欲の無い方お断り」ってのを思い出したわ…

  5. 名無しさん : 2020/05/20 16:18:11 ID: vW7/Pv2w

    エターナルファンタジーの悪夢

  6. 名無しさん : 2020/05/20 16:20:02 ID: graiBRo.

    最後のそれは違う。
    単純に隷属趣味な報告者のやり方がそもそも悪い。
    相手の脳みそが報告者未満なのは明白なのに、相手に合わせようと無駄な時間を浪費している。
    それが無く見切りを早くつけていれば、PTSDとかにはならん。
    まぁ、なるやつってのは総じてこういう性格だよな。

  7. 名無しさん : 2020/05/20 16:31:49 ID: p3sQw.WE

    フリーゲーム全盛期にそういう話ゴロゴロあったなぁ
    制作サークルの公式サイト(作品はゼロ)で、
    総括担当がシナリオ、イラスト、音楽、プログラム担当たちに注文つけて発破かけて、
    こいつは何してんだよってヲチられてた
    その後無事解散したもよう

  8. 名無しさん : 2020/05/20 17:17:26 ID: Ry8QmYvs

    色んな意味で若いなあと思った
    その後一つでも完成できたんなら何よりだ

  9. 名無しさん : 2020/05/20 17:36:55 ID: Ka4CdTts

    私も似たようなことあったわ
    報告者の「結論」は相手がすべきことであってそれは結論じゃないw
    結論は、※6の言うようにこの人も私も早めに切るべきだったってこと
    決断を相手に委ねちゃだめですね

  10. 名無しさん : 2020/05/20 17:50:07 ID: OzsZscDw

    相手が先輩というのもあって、意見をいうのもちょっと遠慮して
    結局言いなりになっていた部分はあるだろうね

  11. 名無しさん : 2020/05/20 18:18:12 ID: eHq48Duc

    すごいなー完成させた上に次作も出す予定なのか。
    その元先輩は自分じゃなんにも出さないくせに文句ばっかり言って何がしたいんだろうな。
    そんだけケチつけておいてプログラミングは完璧に全く問題出さずに組めるんだろうか。
    そこの段階まで言ったのか知らんけど自分は大変、自分ばっかり苦労してるって愚痴ばっかり吐きそうだわ。

  12. 名無しさん : 2020/05/20 18:36:12 ID: HjQjPasg

    会社でも、あるあるですね……上が理解しないでポシャる奴

  13. 名無しさん : 2020/05/20 18:38:24 ID: ZmxF.gGM

    これで上手くいった人がジブリの鈴木とか
    岡田斗司夫とかなんだよな
    組む奴が天才なら上手くいく場合もある

  14. 名無しさん : 2020/05/20 19:46:57 ID: heUcXW4E

    「才能も無く、努力もせず、そのくせ与えられるものに不平を言って、努力する人間の足しか引っ張れないような奴は、目を瞑ってどっか隅っこに挟まって、口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろ」

  15. 名無しさん : 2020/05/21 05:11:09 ID: YZF50FSE

    なんだろう
    いかにもゲーム作ってる人っぽい文章でなんとなくほっとした

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)
誹謗中傷、煽りコメントはお控えください。
「トメ」「コトメ」などの意味がわからない場合は「2ch用語集」をご覧ください。